有限会社コミュニケーションデザイン 代表取締役社長 玉木 剛
 氏 『 情報によって社会をより豊かにしていきたい 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
有限会社コミュニケーシ
ョンデザイン 代表取締役社長 玉木 剛 氏
Today's 
PRESIDENT
2003年09月22日 vol.58

有限会社コミュニケーションデザイン
代表取締役社長  玉木 剛 氏

情報によって社 会をより豊かにしていきたい





有限会社コミュニケーションデザイン


【製品紹介】

『マスコミ リスト2004』

 
主要マスコミ1000媒体の編集部FAX番号か ら編集方針、発行部数、読者(視聴者)属性まで完全網羅。 あなたの会社からFAX1通18円で一斉配信できるプレスリリースの決定 版。


【書籍紹介】

全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術

 
ムダな広告費をつかわなくても、効果的なPRは できる!
この一冊で、費用対効果抜群のPR戦略がまるわ かり!


『なぜ、あ の商品だけ大ヒットしたのか、全部無料のマスコミ戦略』

 
あなたの会社でも大ヒットは仕掛けられる!
ハリー・ポッターからアメリまで、事例満載!

 




情報によって社会をより 豊かにしていきたい



これ までの玉木社長へのインタヴューはこちら

vol.55 vol.56  vol.57



【増永】 
参考にしている経営者とか偉人でも 良いのですけれども、或いは書籍・言葉があれば是非お願いいたします。

【玉木】 参考にしている経営者は、リチャード・ブラ ンソンです。 私もイギリスに思い入れが凄くあって、経営スタイルが独自路線で面白い なと。 私自身、学生時代に学生新聞を立ち上げたのも、彼が高校時代に 『student』という雑誌を立ち上げているのを知ったからです。 そういう生き方って面白いなというのがあって、結構影響を受けました ね。

あとはリクルートという会社にも凄く影響を受けて いますね。 私は学生新聞をやっていたんですが、リクルートの創業者・江副浩正さん も東大新聞で広告・営業をやっていて、その延長線上で会社をつくったと いう流れがあります。 私もそういう事ができないかなというのは学生時代のテーマでもあって、 その2人からは結構影響を受けていますね。 会ったことはないですけど(笑)。

● 特にリチャー ド・ブランソンのここが凄いってあります?

いつも大企業に挑んでいくっていうのは凄いと思います よ、絶対無理だと思えるような事業に参入していって成功を収められると いうのは凄い。 航空事業とかは普通考えないですよね。

● どうして彼はそういう事が出来ると分析していますか?

私はPRが上手いことに着目しています。 大企業に挑んでいくというストーリーで世間一般の共感を得て、彼のヴァ ージングループ、ヴァージンというブランドをどんどん上うまく世の中の みんなの心を掴んで成功に導いていく。 だから、今広報の仕事していますが、リチャード・ブランソンさんの広報 活動は天才的にうまくてそういう意味でも凄く参考にしています。

● 才能はどうい うところにあると思いますか?

上手くマスコミの関心を引くために「気球で 世界一周」というコンセプトを打ち上げたりして、広告費を使わずに露出 していくとか、顔が見えている経営者という事でインパクトのあるメッセ ージを発信したりなどですね。 そういう意味で日本にはなかなかいないんですけれども、そういうことを 積極的に表に出ていって、実は戦略的にやっているというのが素晴らしい ところだと思いますね。 それができるというのが彼の才能ではないでしょうか。

絶対無理だと思えるよう な事業に参入していって成功を収められるというのは凄い。 航空事業とかは普通考えないですよね。

● リクルートについてはい かがですか?

学生で情報発信をやろうと思って江副さんも東大新聞を やったと思うんですけど、その後上手く事業化して、あれだけの売上規 模、さらに利益率の会社にしたというのはすごい。 売り上げだけならもっと上の会社もありますけど、利益率っていう意味で は日本トップクラスですよね。

学生から創業してそこまでいく人はなかなかいない と思うので、似た境遇といったら偉そうですけど、学生新聞に興味を持っ ていたという共通点はあるので、そのプロセスは今後研究していきたいな と思っていますね。

● 玉木社 長の大志やビジョンを語っていただけますでしょうか。

「情報」によって、社会をより豊かにしていきたい です。 そのため、役立つ情報を自社からどんどん発信していきたいと思っていま す。 さらに、日本から発信して海外に対しても上手くメッセージを届けていく というようなこともやりたいですね。 全体的にPRという部分が弱いので、それをなんとか短期的には3年くらい かけて日本企業全てに対してPRというものの重要性を広めていきたいなと 思っています。

私の場合、3年スパンでどういうアウトプットが出 せるかということを凄く意識しています。 というのはその先の動きってどんどん世の中の動きが激しく変わっていく のでわからないですよね。 10年後の自分のビジョンを考えてもどうなっているかわからないので、3 年スパンで考えて修正していくようにしていますね。

● 読者の 皆さんへのメッセージをお願いいたします。

皆さんへのメッセージとしてはですね、いくら良い 商品とかサービス、或いはイベントとかをやってもですね、きちっと伝え るメッセージとか手段をもっていないと伝わらないので、そういったPR戦 略をどういうふうにやっていくかっていう事を考えた上でいろいろな事業 なりビジネスをやって頂きたいと思っています。 頑張ってください。


【完:4/4】

次号:ス リープロ株式会社 代表取締役 高野 研 氏



PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
お問合わせ http://www.live- revolution.com/
info@live-revolution.com
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由に リンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション