株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ポイントプログラムブログ読了本起業家物語ご感想バックナンバー広告お問い合わせ
読者数16万人を超える経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2007年07月04日 vol.575  
Today's President

株式会社ビービット
代表取締役 遠藤 直紀 氏

正直に、誠実にやる

プロフィールムービー メルマガ登録解除



プレジデントインタビュー

正直に、誠実にやる


<<前の号へ

【増永】 では、遠藤社長が経営者として学んだことを教えてください。

“正直に、誠実にやる”―これが経営者としてとても大事なポイントということを学びました。

それはたとえば約束を守る、時間を守るとか・・・当たり前のことを一つひとつきちんとやっていくことが、なによりも大切なんですね。 原理原則を守っていくことがいちばん重要であり、それは一見、回り道のようでも実は近道だったりするかもしれません。

いろいろと焦ることはありますが、そこで焦ってあたふたするよりも、しっかりと地に足をつけてコツコツと地道にやっていくこと。 そして道を踏み外さずに進んでいくことが、重要かもしれないですね。

● 遠藤社長にとって、なにか大きな転機となる人との出会いはございましたか。

それは、現在顧問をしてくださっている佐藤さんとの出会いになります。 彼はタカラの元代表取締役の方で、ご紹介で会うことができました。

佐藤さんにお会いしたときに、私たちは今こういう事業を考えて進めているんです。 といったことを話したんですね。 そうしたら「事業の話はもういいよ。 君は資金があるのかい?」と言われて「いいえ、ありません」「信用は?人脈は?経験はあるのですか?」「いいえ、ありません」と私が答えたんです。

そうしたら「なにもないじゃないか。 それなら1つずつ作り上げていきなさい。 なにもないということを自覚して、1個ずつやっていきなさい」と言われたのです。

言われてみて、それは最もなことであり、自分はないない尽くしだ―そんなことに気づかされたんです。 この気づきは、自分にとってものすごく大きい気づきだったと思っています。

やはり若いときはなにも分かっていないにもかかわらず、粋がっていました・・・そんなとき、経験を積んだ大人に指摘されると、その通りだ、と素直に受け入れられたのです。 佐藤さんも特別冷たい感じで言っていたわけではないんですよ。

他にも素晴らしいお話があって、「なぜ私たち若造に、そのようなことを言っていただけるのですか」と聞いてみたところ、「なんの関係もないかもしれないけれど、1回出会ったことが縁だから、その縁を私はとても大切にしているんです。 」と言われたのです。 そして「だから、また会えたらいいね」と。

偶然、なにかのきっかけでその後も何度かお話をする機会があり、そのうち「君たち、面白いね」と言われて、私が「顧問になってください」とお願いしたんです。 そして現在でもいろいろと指南していただいています。


 
 
President
 

時代にもっと見合ったモノを生産しなければならないのです。




● ありがとうございます。 それでは遠藤社長の好きな本を教えてください。

フォードの創始者であるヘンリー・フォード氏の『藁のハンドル』という1冊になります。 これまで高いゴムを使用してハンドルを作っていたけれど、実は藁でも作れるんだ―要は世の中に廉価に車を広めるためには、もっとコストカットをして1円でも安く作らないとダメだ。 そのためには頭をもっと絞ろうということを言っています。

ここからは私の勝手な解釈になりますが・・・結局、一人ひとりが世の中に貢献することがすごく重要だと、本のなかでは言っているんです。 そして甘えるんじゃないと。 たとえば著者は寄宿舎のようなものを作って、孤児を集めました。 そこで彼らに勉強をさせるのですが、ただでは勉強をさせないんですね。

「君たちは不遇な環境に生まれたから、勉強する機会を与えてあげるけど、どうせならちゃんとお金も稼ごうよ」と言って、小さな頃から工場に通わせたりするんです。

それって、与えることがすべて本人にとって良いことでもなくて、甘えるだけが良いということでもない。 あえて厳しくすることが、本人の成長にもつながるということを証明しているんだと思います。

ヘンリー・フォードは、その時代に本当に必要なものはなにか、貢献するためのいちばんの方法はなにか―これを短絡的ではなく、きちんと考えています。

普通に考えると、お金がたくさんあるのであれば寄附して終わりという感覚になりかねないじゃないですか。 そこで終わるのではなくて、さらに実際に工場に通わせて子どもたちに働く機会を与えるなんて、短絡的じゃないですよね。 その方法が、この子たちのためになるであろう。 そう考えた結果だと思います。

ヘンリー・フォードは、合理的に経営をしているように私は感じるんです。 彼は同じ形で同じ色の車しか製造してはいけないと言っていました。 でもなぜそんなことを言っていたのかを私なりにですが、考えてみたんです。

当時は、ゼロの時代だったと私は思っています。 モノがない時代に世の中を幸せにするための効果的な方法は、モノをつくり、満ち溢れさせることが重要です。 たとえば車のない時代であれば、ブランドは関係なく、どんな車でも無いよりはあったほうがいいですよね。

であれば、最大公約数のニーズを満たして、モノをいちばん安い価格設定で人々に提供することが重要になってくると思います。

だからフォードは、同じ形・同じ色のものを大量生産することが、いちばんベストな方法であると考えたのではないでしょうか。 藁のハンドルも、廉価に世の中に車を満ち溢れさせようという想いのもと、つくったんだと思います。

そう思うと、それって凄いなと感じたわけです。 その当時、いちばん必要なことは何なのか・・・その本質的なところを見抜いてビジネスを展開しているじゃないですか。

しかし、現在のフォードはというと、当時の勢いにストップがかかってきていますよね。 それはおそらくヘンリー・フォードの考えを捉え違えてしまっているからなのではないでしょうか。

別に彼は、大量生産を是としたわけではないんです。 当時だからこそ、大量生産が是だっただけです。 いくつかある選択肢のなかから、大量生産を選択したという結果になります。

現代といえば、モノが満ち溢れている時代なのでゼロではなく1の時代です。 1から2の時代に変えるということは、時代にもっと見合ったモノを生産しなければならないのです。

その時代の変化に対応できている企業が、今でも生き残っていますよね。

当時、最も時代の変化を捉えて、本質的な部分で勝負をしていたヘンリー・フォードが書いた本は、一読の価値があると思っています。

【続く:7/8】


<<前の号へ


go to TOP


サブカテゴリ

レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス /モバイル/ 教育


プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
起業家物語 / 読了本コーナー / トラックバック&感想
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長増永寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president-vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合わせ
お問合わせ http://www.live-revolution.co.jp/


ご意見・ご感想はメルマガをそのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2007
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。 とってもお得なポイントプログラムもご利用いただけます。

サブカテゴリ
レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス / モバイル/ 教育

どんなにスピードを上げて経営したとしても、それが正しくないやり方であったならば必ず減速します。 時には退場を迫られることにもなります。 原理原則に従って、誠実に取り組むことが長期的に見れば一番の近道であることは間違いないと思います。

2006/10/10

当社取締役の金子真歩の書籍が発売されました。 『就活の王道』です!これから就活を始めるという学生のみなさまは是非!


2006/06/12
増永読了本を更新しました。 くわしくはこちら
2006/02/6
プレビの書籍化第二弾『成功の方程式』は発売されました。


2006/02/01
インターネット広告代理店で営業職を募集しています。 くわしくはこちらをご覧ください。

●2007年4月の新卒採用を開始しました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2006/01/12
プレビが書籍化されました。 トラックバックキャンペーン開催中です。


 

株式会社ビービット


【事業紹介】

仮説検証型の独自方法論「ビービットUCD(User Centered Design)」を用いて、ウェブおよび携帯サイトの戦略立案、サイト設計、構築、効果検証を行うインターネットコンサルティング会社。

年間1000人を越えるユーザビリティテスト(ユーザ行動観察)やアイトラッキング調査など各種リサーチを実施し、ウェブユーザの心理と行動パターンを分析。

サイトの売上向上、コンバージョン率改善などの具体的成果の創出を行っている。

主な実績は、三井住友銀行、日本生命保険、本田技研工業、マネックス証券、ヤマハ、富士通、Yahoo!JAPAN、日本経済新聞社など。




 


 






 株式会社ライブレボリューション


モバイル広告を中心としたインターネット広告代理店。 メルマガ『プレジデントビジョン』の発行会社。



モバイル広告代理店

モバイル広告仲介のプロフェッショナル企業です。


アドカウンター

新しい広告効果測定システム



プライバシーポリシーサイトマップ 利用規約 COPYRIGHT 2006 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.