株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ポイントプログラムブログ読了本起業家物語ご感想バックナンバー広告お問い合わせ
読者数16万人を超える経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2007年06月27日 vol.572  
Today's President

株式会社ビービット
代表取締役 遠藤 直紀 氏

意見ばかりを聞いてはいけない

プロフィールムービー メルマガ登録解除



プレジデントインタビュー

意見ばかりを聞いてはいけない


<<前の号へ

【増永】 遠藤社長がそうした心理的なところに注力しようと思ったきっかけなどはございますか。

それは大学生時代の話に戻ります。 当時、1つだけまともにきちんと出席していた授業がありました。 それは消費者行動学みたいなものだったのですが、ここですごく心に残っている講義があるんです。

それは当時、マーケティングの先駆け的なことだと言われているのですが、ある企業がインスタントコーヒーを世界で初めて売り出しました。 売っている側としては、コーヒー豆を挽かずに手軽にコーヒーを飲むことができる―粉を混ぜるだけで飲めるなんて、革命的じゃないかと思っていたわけですよ。 しかし実際には、思っていたほど売れない。

香りも味もそれほど悪くもない。 値段も高すぎず、それなりに売れるはずだと思っていました。 予想とは正反対の結果となり、売れなくて困っていました。 そこで理由を探るためにも、女性をターゲットにしたインタビューを行なったそうです。

「これってどうですか?」と質問をすると、「なんだか香りがいまいちね・・・」「美味しくない」とか否定的な回答ばかりだったそうです。 それを聞いた研究者たちはなにを思ったかというと、インタビュー結果では「味が悪い」「香りが悪い」とか言われるけれど、本当はそこまで悪くないのではないか―ということでした。 そこで、納得いかず次のような実験をしたそうです。

AとBの2種類のコーヒーを用意しました。 1つは普通に豆から挽いたもの、もう1つはもちろんインスタントコーヒーです。 それを中身を言わずにターゲット顧客に飲んでもらいました。 どちらのほうが香りが良いのかを聞いてみると、AとB、ほぼ半分に意見は分かれました。 つまり、必ずしもインスタントコーヒーの品質が悪いというわけではないことが証明されたのです。

ではなぜ一番最初に実施した実験で多くの女性が「インスタントコーヒーは香りが悪い」と言ったのか、今度はその理由を探ることにしたそうです。

100名の女性を呼んで、50名に分けてそれぞれ別の部屋に入ってもらいました。 そこである方がこういう買い物をしました、と言ってレシートを見せたんです。

それは10品目の買い物レシートなのですが、片方の部屋では10品目のうち1品目だけインスタントコーヒーになっていて、もう一つの部屋では、インスタントコーヒーではなく豆から挽いたコーヒーとなっていました。

「レシート内容を見て、どう思いますか」と質問したところ、インスタントコーヒーを買った方は「買い物下手で怠け者の人」という評価をみんなが下しているんです。 もう一方のレシートについては、別に特徴のない答えが出てきたそうです。


 
 
President
 

いちばん良いのは、消費者の行動を観察し、その行動の裏に潜む動機や心理を分析することではないでしょうか。




この実験から分かったことは、インスタントコーヒーを買わない理由は、香りや味が悪いとみんな言っているけれども、本当の理由は別にあったということです。 そちらを買ってしまうと、単に怠け者とか無駄な買い物をしているという感覚を持ってしまう・・・だから買わないんだという結論に至りました。

そこで売り方を変えたんです。 賢い女性は、みんなこれを飲む。 要するに時間を節約したい人は、インスタントコーヒーを飲んでいます―発売当初は、インスタントだけど香りがいいですという売り方をしていたのですが、がらりとコンセプトを変えたわけです。

そうしたら、売上げが急増したのです。 この話を聞いて、まさに人間心理を解き明かすということだと感じました。

昔からあるマーケティング手法には、今のパターンのようなグループインタビューが普通に行なわれています。 そうすると「香りが悪い」という結果になったから、その声だけを真に受けて商品開発を進めたりするケースが多く見受けられるのです。

でもそれはちょっと違うんですよ。 嘘という可能性も高いですから。 いろいろな調査で言われていることですが、自分が重視し思っていることと行なっている行為には、かなりのズレが生じています。

そもそも分かっていないことがすごく多いので、人を集めて聞いてみたところで、仕方がないのです。 先ほどの例ではすごく複雑な調査をされたそうですが、いちばん良いのは、消費者の行動を観察し、その行動の裏に潜む動機や心理を分析することではないでしょうか。

● 実際に行動を分析することで本当の消費者心理が分かるというのは、御社の事業内容にも通じているところがありますね。

そうですね、まずは行動分析から始まり、意見ばかりを聞いてはいけないというのが私たちの重要視する点です。

当たり前と言われればそれまでなのですが、そこを徹底してやっているというのがビービットの考え方なのです。

【続く:4/8】


<<前の号へ


go to TOP


サブカテゴリ

レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス /モバイル/ 教育


プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
起業家物語 / 読了本コーナー / トラックバック&感想
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長増永寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president-vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合わせ
お問合わせ http://www.live-revolution.co.jp/


ご意見・ご感想はメルマガをそのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2007
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。 とってもお得なポイントプログラムもご利用いただけます。

サブカテゴリ
レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス / モバイル/ 教育

お客様の意見がすべて正しいとは限りません。 また、一過性のニーズに気を取られて、自分達の方針を見失ってもなりません。 自らのサービス提供者としての存在価値を発揮するためにも、お客様を見て、聞いて、自分たちの考えも交えて、ビジネスに取り組みましょう。

2006/10/10

当社取締役の金子真歩の書籍が発売されました。 『就活の王道』です!これから就活を始めるという学生のみなさまは是非!


2006/06/12
増永読了本を更新しました。 くわしくはこちら
2006/02/6
プレビの書籍化第二弾『成功の方程式』は発売されました。


2006/02/01
インターネット広告代理店で営業職を募集しています。 くわしくはこちらをご覧ください。

●2007年4月の新卒採用を開始しました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2006/01/12
プレビが書籍化されました。 トラックバックキャンペーン開催中です。


 

株式会社ビービット


【事業紹介】

仮説検証型の独自方法論「ビービットUCD(User Centered Design)」を用いて、ウェブおよび携帯サイトの戦略立案、サイト設計、構築、効果検証を行うインターネットコンサルティング会社。

年間1000人を越えるユーザビリティテスト(ユーザ行動観察)やアイトラッキング調査など各種リサーチを実施し、ウェブユーザの心理と行動パターンを分析。

サイトの売上向上、コンバージョン率改善などの具体的成果の創出を行っている。

主な実績は、三井住友銀行、日本生命保険、本田技研工業、マネックス証券、ヤマハ、富士通、Yahoo!JAPAN、日本経済新聞社など。




 


 






 株式会社ライブレボリューション


モバイル広告を中心としたインターネット広告代理店。 メルマガ『プレジデントビジョン』の発行会社。



モバイル広告代理店

モバイル広告仲介のプロフェッショナル企業です。


アドカウンター

新しい広告効果測定システム



プライバシーポリシーサイトマップ 利用規約 COPYRIGHT 2006 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.