有限会社コミュニケーションデザイン 代表取締役社長 玉木 剛
 氏 『 情報の交通整理をやらないといけない 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
有限会社コミュニケーシ
ョンデザイン 代表取締役社長 玉木 剛 氏
Today's 
PRESIDENT
2003年09月17日 vol.56

有限会社コミュニケーションデザイン
代表取締役社長  玉木 剛 氏

情報の交通整理 をやらないといけない





有限会社コミュニケーションデザイン


【製品紹介】

『マスコミ リスト2004』

 
主要マスコミ1000媒体の編集部FAX番号か ら編集方針、発行部数、読者(視聴者)属性まで完全網羅。 あなたの会社からFAX1通18円で一斉配信できるプレスリリースの決定 版。


【書籍紹介】

全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術

 
ムダな広告費をつかわなくても、効果的なPRは できる!
この一冊で、費用対効果抜群のPR戦略がまるわ かり!


『なぜ、あ の商品だけ大ヒットしたのか、全部無料のマスコミ戦略』

 
あなたの会社でも大ヒットは仕掛けられる!
ハリー・ポッターからアメリまで、事例満載!

 




情報の交通整理をやらな いといけない



これまで の玉木社長へのインタヴューはこちら

vol.55




【増永】 
本の反響はいかがでしたか?

【玉木】 すごく反響がありましたね。 やはり中小企業をはじめとして、小さい会社はマスコミに出られないとい うイメージや思い込みがあったと思うんです。 しかし実際はこの本の通りにやられた方々から「朝日新聞に載 りました」「お陰様でワールドビジネスサテライトで紹介されました」 といったメールや手紙をたくさん頂いたりしています


● 『全部無料で宣伝してもらう、対マス コミPR術』についてお伺いできますか?

この本では新聞社の幹部やニュース番組のプロデューサ ー、ビジネス誌の編集長にプレスリリースをテーマにお話を伺っていま す。 マスコミの人達が公の場でプレスリリースやPRについて本で語るというの はおそらく初めてのコンセプトの本だったのではないでしょうか。 それがやはり売れた理由だと思います。

日経ビジネスの編集長、週刊 ダイヤモンド週刊エコノミスト、ワールドビジネス サテライト、ニュースステーションプ ロデューサーとか、結構影響力を持っている方々が公で語ったという意味 で凄く価値があるんじゃないかと思っています。

やはりPRというのはプレスリリースの書き方が一番 基本なんです。 広告文と客観的なニュースリリースの文章との違いがわかっていなくて、 とにかく書いて送ればいいのではないかという感じで宣伝文句をそのまま マスコミに送っている人が大半です。 しかし、それは時間と労力の無駄なんですね。

● それでは2冊目 の『なぜ、あの商品だけ大ヒットしたの か、全部無料のマスコミ戦略』についてはいかがですか?

1冊目はマスコミ、つまり、取材をする側の人達がどう いう情報をほしいと思っているかということをコンセプトに書いたんです けれども、逆に、2冊目の方はPRする側の人達がどういうふうにうまくPR をして、大ヒットが生まれたのかという経緯を紹介する本です。

具体的には書籍の『ハリー ポッター』ですとか、映画の『アメリ』などです。 それから少し古い事例ですが、宇多田ヒカルの母親の藤圭子さんがどんな 経緯で大ヒットし、有名な歌手になったのかということなどですね。 本当に業種はさまざまで、プリンから健康食品、個人のコンサルタントな ど、全部うまくマスコミを活用して世の中に出てきた事例と、その細かい 舞台裏を取材して浮き彫りにしたというのがコンセプトです。

どこの会社でも広報活動 が簡単にできるよう敷居を低くすることを目的にやっています

●  実際に会社をつくって事業を立ち上げられてからはいかがですか?

プレスリリースの数が日本全体で物凄く増えてきて いると聞いています。 しかし、やはり質の部分でなかなかうまくいってない部分があるんですよ ね。 何でもかんでも闇雲に全然関係ないニュースリリースをあらゆるマスコミ に送ったりしている会社が結構あるそうです。

そこで、プレスリリースに関する本を出した責任と して、情報の交通整理をやらないといけないという想いがあって、プレス リリースの添削配信事業というのを立ち上げました。 具体的にはプレスリリースをどこに送ればよいのか、またそのためのカテ ゴリー分けをしています。 「スポーツ新聞に送りたいんであればこういう部署」とか、「こういうネ タだったら新聞社の政治部とか経済部に送りましょう」というガイドライ ンを全部つくってですね、自社からFAX一斉配信できるサービスをはじ めました。

これは料金的にもかなり安く、通常これまでだと1 配信について何十万というお金がかかっていたと思うんですが、それが初 期費用10万円に加え、プレスリリースをFAX1通18円という非常に安 い値段で提供します。 どこの会社でも広報活動が簡単にできるよう敷居を低くすることを目的に やっています。

あとは個別の企業のコンサルティングをやっていま す。 ただ、それはあまり社数を増やさずに、お互いに気に入って意気投合した 会社に絞って企業の全面的な広報活動の手伝いも事業としてやっていま す。

制作編集事業という意味では、雑誌の記事提供や書 籍の出版プロデュースなども行っていますね。


【続く:2/4】




PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
お問合わせ http://www.live- revolution.com/
info@live-revolution.com
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由に リンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション