株式会社ガイアックス 代表取締役 上田 祐司 氏 『 デジタル
コミュニティー 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
株式会社ガイアックス 
代表取締役 上田 祐司 氏
Todays 
PRESIDENT
2003年07月02日 vol.23

株式会社ガイアックス
代表取締役  上田 祐司 氏

デジタルコミュ ニティー




株式会社ガイアックス

【事業紹介】

ガイアックスは、コミュニティを中心とした<戦 略>・<構築>・<運営>のすべてのフェーズをカバーし、企業の強力なパ ートナーとして、事業のお手伝いしています。

コミュニテ ィーソリューション

アバター
個人ホームページ
クラブ
インスタントメッセンジャー
ビンゴ
グリーティングカード
ビデオチャット

コンサルテ ィング

「Webサイトの立ち上げ」・「既存サイトの活性 化」・「インターネット戦略立案」・「コミュニティ戦略」など、各種コ ンサルティングサービスを行っています。

コミュニテ ィー運営代行

コミュニティの運営には、法律・インターネット などの専門的知識が必要です。 運営方法・方針次第でコミュニティの中身が変わるといっても過言ではあ りません。 ガイアックスはこれまで300以上のコミュニティ、200万人以上のユーザ ーサポートを行い、数多くのノウハウを構築しており、それを活かしたコ ミュニティ運営代行サービスも行っています。

韓国ソリュ ーション

日本やアメリカよりも先を行くブロードバンド先 進国韓国。 ガイアックスは、早くから韓国を代表する企業との提携により、最新情 報、成功事例や各種ノウハウを国内に持ち込み、またクライアントのニー ズにあわせて、最新ソリューションの国内ローカライズ・カスタマイズを 行っています。




デジタルコミュニティー


これまでの上田社長へのインタヴューはこちら

vol.22



【増永】 ベンチャーリンクに入社する前から起業する 意志はありましたか?


【上田】 大学の時にアルバイトとか2・30個ぐらいや っていたんですけれども、そんな中で一番世の中に貢献できるシステムと いうのはビジネスなんじゃないかと思いました。 ですから将来は独立しようと思ってベンチャーリンクを選びました。

● 起業 して現在に至るまでの事業の内容や御社の独自性についてお願いいたしま す。

当初はユーザー数を集めて広告枠 を増やし、その広告収入を得るというビジネスモデルでした。 ですから、当時社員が5人ぐらいいたのですが、5人のうち1人がシステム で、残り4人が営業という形でたくさんの企業様をまわりました。

営業といってもですね「御社のホ ームページに無料でコミュニティーを作りませんか」と。 「コミュニティーを付ければ広告収入が入ってきますんでシェアします よ」と。 そのような提案でしたから、大体1年間ぐらいで200社ぐらいがコミュニ ティーを作ってくださいました。

ページビュー的にも非常に伸びま して、一時期はJARというサイトの視聴率ランキングで9位とか 10位とかにランクインしました。 インターネット広告ビジネスがあの頃更に伸びていけば良かったんです が、残念ながらドットコムバブルの崩壊と共にインターネット広告ビジネ スもそれ程立ち上がらないというような形になってきましたんで、基本的 には途中でそのビジネスから方向転換をしました。

「今まで作っていただいたコミュ ニティーは無料でいいですが、今後の分についてはイニシャルとランニン グで料金を頂だいできます」と、今でいうとASP(アプリケーション・サ ービス・プロバイダー)ですね、ASPビジネスというようなスタイルに切 り替えました。

コミュニティーサービスを導入し ていただくと、導入企業では会員が増えるとかページビューが増えるとか マーケティングに引火するとかいろいろな効果があるのですが、最近はコ ミュニティー単体で収益が上がるようになってきていまして、今後はそち らの方に注力していこうかなと思っています。

「そうじゃないとおまえ みたいな店員を何人雇わなあかんと思ってるんねん」とか怒られたのです ね。

● コミュニテ ィービジネスの仕組みと魅力をご説明して頂けますか?

まずコミュニティーと言われるものはですね、インター ネットというメディアで初めてコントロール出来るようになってきたとい うふうに思っています。 今までのメディアというのは例えばテレビであったりラジオであったり、 そういったものは全て一方通行でした。

それに比べてインターネットとい うのは双方向で、どちらかというとメディアという要素と電話や携帯等の コミュニケーションの要素、これらが合体したものがインターネットだと 思っています。 そして、その合体した所というのがコミュニティーだと思っています。

当然、デジタルコミュニティーに ついて何十年も研究してきた会社はありません。 インターネットが生まれて、初めて立ちあがった市場ですから。 正直、我々も手探りというか、いろいろと研究をしています。 ほかにコミュニティーについて詳しい会社がないというのがこの市場の一 番の特性だと思っています。

この分野に詳しい会社はないもの の、今までのリアルビジネスにおいてコミュニティーみたいなものを頑張 って活かそうとした会社があったと思います。

例えば僕もダイビングショップや スノーボードショップとかで大学時代に働いていたのですが、「お客さん 集めるのに広告でも打ちましょうよ」と店長にいうとですね「そんなお金 持ってないからできない」というんです。 そんなことよりも「来ているお客さんに新しいお客さん紹介してもらえ」 とかいって「お客さま紹介キャンペーン2万円キックバック」といったパ ッケージを作って提案させられていたんですよね。

で、お客さんがポコポコと店に来 られるんですけれども、来られたお客さんに僕も店員ですから一生懸命し ゃべりかけないといけないなと思うとですね「上田君そんなしゃべりかけ てんとお客さんにお客さん紹介して適当にしゃべってもらえ」と。 「そうじゃないとおまえみたいな店員を何人雇わなあかんと思ってるんね ん」とか怒られたのですね。

僕は結局、ちっちゃなカウンター で珈琲を出してですね、お客さんにお客さんを紹介して「あ、ちょうどそ のスキー場って○○さんも行っていってらっしゃったんですよ」とか適当に いいながらくっつけていました。 するとそれで輪が出来てですね、結果として店員の僕は何もしなくて良い 状態になりました。

ほかでは例えば、そのツアーのパ ッケージを作る時にも僕が考えるんじゃなくて「お客さんに聞け、君が考 えていたらコストがかかってしょうがない」というふうに言われてです ね、お客さんにアンケートとかして、そのアンケートをまとめてそのツア ーに仕立てるというそういうふうな感じでやっていたんですよ。

そういう非常にローカルな狭い世 界を企業は活かそうとしていたんですが、それをビジネスの世界で大掛か りにやろうというのは今までは無理でして、そこがインターネットを利用 したコミュニティーサービスの強みだと思っています。 コミュニティーの分野で我々がどんな強みがあるのかというと、実際コミ ュニティーをビジネスとして真剣にやっている会社はほとんどありません ので、そういう意味で現時点においては「コミュニティーの強さ=我々の 強さ」なのかなと思っています。


【続く:2/5】




PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
お問合わせ http://www.live- revolution.com/
info@live-revolution.com
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由 にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション