株式会社ガイアックス 代表取締役 上田 祐司 氏 『 全員でそ
こにジャンプしていかないと残念ながら会社は上手くいかない 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
株式会社ガイアックス 
代表取締役 上田 祐司 氏
Today's 
PRESIDENT
2003年07月07日 vol.25

株式会社ガイアックス
代表取締役  上田 祐司 氏

全員でそこにジ ャンプしていかないと残念ながら会社は上手くいかない




株式会社ガイアックス

【事業紹介】

ガイアックスは、コミュニティを中心とした<戦 略>・<構築>・<運営>のすべてのフェーズをカバーし、企業の強力なパ ートナーとして、事業のお手伝いしています。

コミュニテ ィーソリューション

アバター
個人ホームページ
クラブ
インスタントメッセンジャー
ビンゴ
グリーティングカード
ビデオチャット

コンサルテ ィング

「Webサイトの立ち上げ」・「既存サイトの活性 化」・「インターネット戦略立案」・「コミュニティ戦略」など、各種コ ンサルティングサービスを行っています。

コミュニテ ィー運営代行

コミュニティの運営には、法律・インターネット などの専門的知識が必要です。 運営方法・方針次第でコミュニティの中身が変わるといっても過言ではあ りません。 ガイアックスはこれまで300以上のコミュニティ、200万人以上のユーザ ーサポートを行い、数多くのノウハウを構築しており、それを活かしたコ ミュニティ運営代行サービスも行っています。

韓国ソリュ ーション

日本やアメリカよりも先を行くブロードバンド先 進国韓国。 ガイアックスは、早くから韓国を代表する企業との提携により、最新情 報、成功事例や各種ノウハウを国内に持ち込み、またクライアントのニー ズにあわせて、最新ソリューションの国内ローカライズ・カスタマイズを 行っています。




全員でそこにジャンプし ていかないと残念ながら会社は上手くいかない

これまでの上田社長へのインタヴューはこちら

vol.22 vol.23 vol.24



【増永】 これまで4年間経営してき て学んだ事は何ですか?


【上田】 バランスを取ってやっているんですが、やは り競争社会ですからバランスを取る事に集中しちゃうとですね成長性がな くなる。 また、これから成長していく市場の中でのパイ取りでもありますから、業 界でナンバーワンのスピーディーな経営が求められるんです。

バランスを取らなくてはならない なといつも心掛けてはいるんですが、足元に集中しちゃうと結果としてポ ートフォリオ上の末期になって全員の不幸せを呼んでしまうんですよ。

「未来はきっとこうだ」というふうな勝手な仮想を立て てですね「我々はこのようなポジションにいるべきである」と、ほとんど 根拠がないのですが、あくまで経営者が「このポジションになったらきっ とこういうふうに幸せである」と、「だからこのような幸せを信じて皆さ んこれだけのステイクホルダーさんからこれだけの協力を出してくださ い」と。 全員でそこにジャンプしていかないと残念ながら会社は上手くいかないも んだなということを学びました。

今思えば、いまいち市場 調査が足りなかったのかなというふうに思いますね(笑)。

● 成功談か失 敗談か、何かエピソードがあればお伺いしたいのですが。

エピソードといいますと、個人的にはあまり面白い訳で はないのですが、ネットバブル華やかしい頃のいくつかのビジネスの失敗 というのは、「今でも失敗したなぁ」というふうに笑って思い出している ような事があります。

当時は本当にスピードが全てで、 早いタイミングで、多くの物量でその市場を取りに行かなければならない という状況でした。 実際には今もそうなんですが、当時はたくさんの競合さんもいらっしゃっ て、皆様非常にスピードがあって、例えば一時期、飲食店さん向けにコミ ュニティーのシステムを作ってそのシステムを売ろうと企画しました。

飲食店さんというのは結構「待 ち」のビジネスでして、お客さんが一回来ても二回目来るかどうかわから ないし、お客さんの名前も知らなければ連絡手段もない。 仮に電話番号を知ったからといって電話をかけるわけにもいかず住所を知 ったからといってDMを送るのに80円やら100円もかかるわけですから出 すことも出来ない。

それで、インターネットのコミュ ニティーのシステム使ってPCメールまたは携帯メールを送れば飲食店さん にとって経営の安定化につながるであるとか、攻めの経営に転換できると か、そういったメリットがあるんじゃないかなと思って試算表を作って飲 食店さん向けに販売を開始しました。

当時、代理店さんなんかの協力も 得て、派遣社員ですとか出向社員ですとかもろもろ含めて50人ぐらい集め て参入したのです。 で、飲食店さんの経営者に営業すると「携帯のメールというのがありまし て」という所から始まって経営者向けの教育コストがかかったり、お客さ んへの教育コストがかかったりしまして、4ヶ月ぐらいで大きな赤字を出 し、結果としては撤退しましたね。

弊社はIT企業にもかかわらず、そ のときはどちらかというと熱血タイプの営業マンを取り揃えてですね、壁 にはグラフを書いて、横には「風林火山」とかも書いて貼り付けたり、毎 朝の朝礼は全員が集まって「オッス」からスタートし、さらにテレアポの 目標を達成できない人間の手にガムテープを貼り付けながらテレアポさせ たりとか、そういう事をやったのです。 皆様にはかなりがんばっていただいたのですが、今思えば、市場を先取り しすぎであって、市場調査がたりなかったのかなというふうに思います ね。 (笑)


【続く:4
/5】



PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
お問合わせ http://www.live- revolution.com/
info@live-revolution.com
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由 にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション