株式会社ガイアックス 代表取締役 上田 祐司 氏 『 私、辞表
出したけど上田君出した? 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
株式会社ガイアックス 
代表取締役 上田 祐司 氏
Todays 
PRESIDENT
2003年06月30日 vol.22

株式会社ガイアックス
代表取締役  上田 祐司 氏

私、辞表出した けど上田君出した?




株式会社ガイアックス

【事業紹介】

ガイアックスは、コミュニティを中心とした<戦 略>・<構築>・<運営>のすべてのフェーズをカバーし、企業の強力なパ ートナーとして、事業のお手伝いしています。

コミュニテ ィーソリューション

アバター
個人ホームページ
クラブ
インスタントメッセンジャー
ビンゴ
グリーティングカード
ビデオチャット

コンサルテ ィング

「Webサイトの立ち上げ」・「既存サイトの活性 化」・「インターネット戦略立案」・「コミュニティ戦略」など、各種コ ンサルティングサービスを行っています。

コミュニテ ィー運営代行

コミュニティの運営には、法律・インターネット などの専門的知識が必要です。 運営方法・方針次第でコミュニティの中身が変わるといっても過言ではあ りません。 ガイアックスはこれまで300以上のコミュニティ、200万人以上のユーザ ーサポートを行い、数多くのノウハウを構築しており、それを活かしたコ ミュニティ運営代行サービスも行っています。

韓国ソリュ ーション

日本やアメリカよりも先を行くブロードバンド先 進国韓国。 ガイアックスは、早くから韓国を代表する企業との提携により、最新情 報、成功事例や各種ノウハウを国内に持ち込み、またクライアントのニー ズにあわせて、最新ソリューションの国内ローカライズ・カスタマイズを 行っています。




私、辞表出したけど上田 君出した?


【増永】 起業の経緯からお伺いできますでしょうか?


【上田】 私は大学卒業後ベンチャー リンクという会社に入りまして、ベンチャー支援のビジネスをやっ ていました。 そのときに山根麻貴という同期の中で一番成績がよかった女性がおりまし て、彼女とですね、「将来は起業でもしたいよね」とかって話をしていた のです。

ベンチャーリンクという会社は起 業家養成機関を標榜している会社でしたから、将来独立することを念頭に おいて入社する人間が多い。 で、将来は起業でもしたいよねってお好み焼きを食べながら話していた ら、翌日の朝にですね「私、辞表出したけど上田君出した?」っていうわ けですよ。

僕も近い将来とは思っていたけれ ど、まさか翌日とは思わず、ただこちらも言った手前もあるので「今から 出すところですよ」と返事をして、1年半くらい勤めた会社を退職しまし た。

ところが、会社は退職したけれど 実際何をするか全く決まってなくて、とりあえず先に辞めている山根さん に会ってミーティングでもしようかなと思ったらですね、東南アジアの方 に遊びに行っちゃっている(笑)。

会社を辞めたものの、いきなり 「さてどうしよう」みたいな状態になってしまいました。 僕は同志社の中学・高校・大学をストレートでのぼってきて、且つ会社も 普通に入りましたから言ってしまえば比較的順調な空白期間のない人生を 歩んできたんですよ。 で、いざ会社を辞めてみるとですね、毎日何もすることがなく「一体どう しよう」みたいなところからスタートしたのです。

当時Yahoo!が1 年半くらいで公開してその直後の時期だったので、「なんか起業するにも インターネットは関係あるだろう」と最初に思いました。 実はベンチャーリンクに勤めていたときは家を借りていなかったのです。 ずっと会社で寝泊りしていたんです。

ですから、会社を辞めて家を借り て東急ケーブル テレビ(現在、イッツコム)のインターネット回線をひいて、朝から 晩までずっと一日十数時間インターネットをしたんですね。 で、インターネットビジネスを3ヶ月ぐらい調べていて、「確かにこれは 成長性があるぞ」と。 アメリカの方ではすでに物凄くバブルになっていて、会員をたくさん集め るだけでお金になるぞというような状況を見ていたんですね。

「どうやったら会員がい っぱい集まるんだろう」という事に注目していろいろと考えていました。

夏ごろに辞めたわけですが、「どうやったら会員が いっぱい集まるんだろう」という事に注目していろいろと考えていまし た。 で、12月15日にですね、ひらめいたのですが、グリーティングカードというサービスが一番良い んじゃないかと思ったのです。 なぜならば、私がグリーティングカードを友達に送れば、友達がまた友達 に送ってバイラル的に増えていくんじゃないかと。

普通、年賀状なんかは12月16日 に出したら1月1日に届くんですが、これだとバイラル性が弱いので12月 16日に出したら、その出した瞬間に友達の所に届いてですね「1月1日に なれば○○さんがこの年賀状を読めます」と、「つきましては○○さんも年 賀状出されたらどうですか」というような形で、且つ「5人以上に出して いただければ」とか「本日中に出していただければプレゼントが当たるか もしれません」みたいな形にするとですね、きっと倍増していって会員50 万人ぐらいいくんじゃないかと思って、このタイミングで、東南アジアか ら帰ってきた山根さんに加わってもらってスタートしました。

まぁ蓋を開けてみると3万人くら い。 僕や山根の友達の20人とかに出してスタートしてそんなに集まりました。 すると当然のことながら、僕たちの適当に作ったプログラミングでは、い ざ1月1日にスタートすると「サーバーが即ダウン」ということでサービ ス的にはいまいちでした。 でも、これはきっといけるぞと実感しましたね。

この折角集めた3万人のデータを 放置しておくのはもったいなとおもいましたので、その3万人を確保しつ つ、年賀状の時期以外にも会員を増やしていくにはどうしたら良いんだろ うと考えた時に、次に出てきたのが無料ホームページサービスですね。

持っている人全員に似顔絵付き、 まぁ今で言うアバターですね、そのアバター付きの個人ホームページを提供するサービスを始めまし た。

すると凄くページビューも伸びま したし、会員も自動的に増えていくなというのが見えた。 私はもともと「人と人とを繋げたいな」と思っていまして、このビジネス はまさにそれだと。 ただ自分達だけでやっていくにはいろんな面で限界がありますし、ただで さえユーザーは増えていきますけれども、はじめからユーザー数を持って いる会社さんと提携する方がよりスピードが増すとおもいましたので、一 番初めに今のアットウーマンというサイトを運営している企業様と提携さ せていただきました。

これを機に、山根と地元の後輩と3名で会社を設立 しました。


【続く:1/5】



PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
お問合わせ http://www.live- revolution.com/
info@live-revolution.com
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由 にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション