株式会社MCJ 代表取締役社長 高島 勇二 氏 『 平成維新のとき
だ 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム 広告問合せ
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
株式会社MCJ 代表取締役
社長 高島 勇二 氏
Today's 
PRESIDENT
2004年09月06日 vol.187

株式会社MCJ
代表取締役社長  高島 勇二 氏

平成維新のとき だ
 


株式会社MCJ

【事業紹介】

・個人・中小企業向けPCの販売
マウスコンピューター

・「PCゲーム」市場向けPCの販売
G-Tune

・ビジネス向けハードウェアソリューションの提 供
YAMATO
 

 




平成維新のときだ


【増永】 どう してパソコンのビジネスをやろうと思ったのですか?

【高島】 パソコ ンが好きだったからというのがありますね。 昔から機械いじりが好きでしたし。 車が好きだったので、パソコン通信を使って車のオークション毎の値段を 分析して、ブローカーみたいなことをやったりもしました。

そっちのオークションでいくら、こっちのオークシ ョンでいくらって、一方から一方に車を流したりなんかして。 パソコンを使ってそうこうやっているうちに、パソコンはやっぱり面白い と、もっと早いマシンが欲しいと思うようになったんですね。

● 高島さんは非常に行 動力もおありですが、常にその行動力が発揮されるのでしょうか?

まあ、元気しかとりえがないものですから(笑)。

● 経営者として特徴的 だなと思う部分はありますか?

あんまり自分では意識したことはありませんが、あ えて一番を挙げるとすれば、何かに卓越した能力があるというよりも、バ ランス感覚が程良いのかなと思っていますけれども。

● 上場してから何か変 わったことはございましたか?

やはり法人系の取引がやりやすくなりましたね。

● 上場の準備は大変で したか?

大変は大変でしたけれども、やはりIPOの為に必要 な過程は、経営上本当に必要なものばかりなんだなと思います。 最初はいろいろと無駄なんじゃないかと思ったりもしたんですが、きちん と会社や組織に対して牽制をかけることは大切ですし、やはりパブリック で大きな会社にしていく以上、上場は必要だと思います。

たとえ上場できなかったとしても、上場の準備で培 った事は全く無駄にならなかったのではないかと思っています。

● もともと経営されて いる中で管理は重視してやってこられたのでしょうか?

もちろんやっていましたけれども、上場準備に入っ てからはより堅くなりましたよね。

● 例えば継続的に何% 成長しようというような目標も立てていらっしゃったのでしょうか?

予算・目標を立てるということはもちろんやってい ました。 上場をするとそれらの予算や目標に関して外部からの目もありますからよ り牽制がかかり、成長させなければならないというような意識が高くなり ます。

どんな優秀な経営者でも、やはり気が緩む時はある と思うんですよね、それがやはりIPOしていると気を緩められませんの で、これは正しい姿だなと思います。

 
ソニーに入りたいと思うエリートは多いかも知れま せんが、ソニーをつくりたいと思うエリートはいないですよね。 物作りのベンチャーで世界に出るようなメーカーが出てこないと面白くな っていかないんじゃないかなと思っております。




● 御社と高島社長のビジョ ンについてお伺いしたいんですけれども。

今はパソコンのBTOモデルという形でやっています けれども、日本発のBTOメーカーとして地位を確立し、まさに「日本のデ ル」というようによく形容されますけれども、「日本のデル」というより も、ソニーやトヨタのように日本発の名だたるメーカーとして世界に出て 行きたいと思っています。

ソニー、トヨタ、ホンダ、日立といったメーカーが 世界各国で頑張ってきたからこそ、今の日本の地位があると思うんですよ ね。 ベンチャーというとどうしてもソフト系が多いですけれども、敢えて私は 物作りのメーカーとして物作りのベンチャーとして、確固とした地位を築 いていきたいと思っています。

ソニーに入りたいと思うエリートは多いかも知れま せんが、ソニーをつくりたいと思うエリートはいないですよね。 物作りのベンチャーで世界に出るようなメーカーが出てこないと面白くな っていかないんじゃないかなと思っております。

● 高島社長個人では何 かありますか。

今の若者は誰かが何とかしてくれて、どうにかなる と思っているといった他人任せの人間が多いと思うんですよね。 今は明治維新じゃないですけど、平成維新のときだと思います。 自分の力で世の中を変えてやるという若者が出てこないと変わらないと思 うんですよね。

そういう意味では、私が熱く語っていって若い人た ちに影響を与えてあげて、「皆で面白く世の中を変えていこう」という風 にできたら良いなと思っています。 特に若い経営者の皆さんと変えていきたいですね。

● わかりました。 今後とも日本のためにもよろしくお願いいたします。

社会を変えていかないといけませんからね。

● 最後に何かアピール しておきたいことはありますか?

アピールしたい事ですか。 30歳独身です(笑)。

● 読者の皆さんにメッ セージをお願いいたします。

皆さんこんにちは、MCJの高島でございます。 当社はMead in Japan、日本発の物作りのベンチャーとして、世界で通用 するメーカーとしてがんばってまいりたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。


【完:3/3】
次号:HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役 社長 森本 紀行 氏




PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合 わせ magazine@president- vision.com
お問合わせ http://www.live- revolution.co.jp/
information@ml.live- revolution.co.jp
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由 にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション