株式会社MCJ 代表取締役社長 高島 勇二 氏 『 1円の重さが分
かる経営者でなければならない 』
SITE MAP
HOME
最新号 バックナンバー ニュース 起業家物語 発行者紹介 ご意見・ご感想 ポイントプログラム 広告問合せ
ビジネス
に役立つ経営者のためのHTMLメールマガジン
株式会社MCJ 代表取締役
社長 高島 勇二 氏
Today's 
PRESIDENT
2004年09月03日 vol.186

株式会社MCJ
代表取締役社長  高島 勇二 氏

1円の重さが分か る経営者でなければならない
 


株式会社MCJ

【事業紹介】

・個人・中小企業向けPCの販売
マウスコンピューター

・「PCゲーム」市場向けPCの販売
G-Tune

・ビジネス向けハードウェアソリューションの提 供
YAMATO
 

 




1円の重さが分かる経営 者でなければならない


【増永】 御社 のPC組み立ての仕組み等はデルなどを参考にされたのでしょうか?

【高島】 デルさ んの真似をしたというよりも自然にそうなっていったという感じですね。 それこそデルさんみたいにパワーゲームでやるとなると自分の工場の周り に部品メーカーの工場を作ってやるという形になると思うんですけれど も、私共の企業規模ではまだそれが難しいですね。

だからこそ逆にIT化を駆使して効率的な仕組みを構 築してきました。 お客様からご注文が入った瞬間に、その情報を部品メーカーや製造工場と 共有します。 お客様から注文が入ると10分15分単位で何の部品が何個必要だという情 報が部品メーカーさんにいくんですね。

デルさんみたいにパワーゲームが出来ないが故にIT 化を駆使する事によって上手くPCを組み立てるというのが私共の強みだと 思っております。

● デルよりも競争力が ある部分はございますか?

一部のキャンペーンモデルは別として、価格もスペ ックも全般的に強いと思っています。 あとはコンシューマー色の部分でして、デルさんよりも私共のほうがコン シューマー色が強いのではないかと思っています。

もう一つの大きな違いとしましては、デルさんです とダイレクト販売、BTO販売しか行っておりませんが、私共は家電量販店 に対して「量販店オリジナルパソコン」というのを提供しているホワイト ボックスメーカーである点で、ここが強みだと思っています。

● 起業されてから10年 ぐらい経ちますけれども、その中で経営者として学んだこと、或いは大変 だったこと、こうすれば皆さんもっと起業家として成長するんじゃないか というようなお話がお伺いできたらと思うのですが。

私はまだまだ未熟者の若輩者です。 私は、やはり会社というのは失敗やミスで潰れるのではなく、おごり高ぶ りが潰すんだと思っております。

 
会社の成長スピードをより早める為にはやはり株式 公開がどうしても必須になってくるという観点からの決断でした。




● ここまで無借金経営且つ 素晴らしい業績で来られたわけですが、常に心掛けてこられたことはござ いますか?

そうですね、1円の重さが分かる経営者じゃなきゃ いけないと思っています。 1円の重さは何グラムかわかりますか?1円の重さは1グラムだということ を分かる経営者じゃなきゃいけないと思っています。

● 株式公開を念頭にお かれた時期はいつ頃からでしょうか。
 
4、5年ぐらい前からです。 会社の成長スピードをより早める為にはやはり株式公開がどうしても必須 になってくるという観点からの決断でした。

● 顧客サポート等につ きましても、非常にしっかりされているなという印象なんですが、どちら で学ばれたのでしょうか?

一歩一歩自然と創ってきたという感じです。 やはり起業して5、6年ぐらいは一日も休めませんでした。 一日3時間ぐらいの睡眠で、お客様からの注文電話を受けながら、一方で サポート電話を受るという具合でした。 注文が取れたら組み立てをしてお客様に出してということを一つ一つやっ てきました。

それらの作業を「いかに効率的に、少ない人数で、 コストをかけずにやるか」という仕組みを一つ一つ考えて構築してきた結 果出来上がりました。 今まで、システム会社に私共のビジネスモデルを話して「こういう仕組み を作ってください」とお願いしても出来なかったんですよね。

結局社内にプログラマーを抱えて、一つ一つ自分達 で作ってきて、これはまさに「商人が作った」というようなシステムです ね。 私はCIOみたいなことを2年くらいやっていて作ったんですよ。 もうすぐ新しいバージョンの基幹システムが出来上がる予定です。

● 御社には何か飛躍の キッカケみたいなものはございましたか?

自分で何でも出来ると思っていた時期もやっぱりあ ったのですが、やはりそれはおごりだなと思ったんですね。 例えばファイナンスならファイナンスのプロ、それこそ技術なら技術のプ ロという人にやってもらう、彼らに私自身では出来ないファンクションを 任せるようになって成長が早まったと思います。

● 好きな言葉、好きな 本、好きな人物等あれば教えていただけますか?

タルムードとかですね。 商売の教えみたいな形が書かれています。

それから「薩摩の教え」は好きですね。 一、何かに挑戦し、成功した者  ニ、何かに挑戦し、失敗した者 三、自 ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者 四、何もしなかった 者 五、何もせず批判だけしている者 〜薩摩の教え〜とい うものです。

● 好きな人物はいらっ しゃいますか?

徳川家康です。

● それはどういう所 が?

じっくり耐え、そして最後に天下を取ると。 そして安定した政権を作り、安定した組織を作ったと。

● 高島さんは子供の頃 は普通のお子さんだったのですか?

変な子でしたよ(笑)。 校長先生に水風船をぶつけたりですとか、機械いじりをしていたりですと か。 そうそう機械いじりというだけでなく、いろいろ作ったりするのが大好き でしたね。 それこそ火縄銃を作ってみたりですとか(笑)。 あと子供の頃のあだ名はジャイアンで、大将といった感じでした。


【続く:2/3】




PRESIDENT VISION [ プレジデントビジョン ]

発行者 株式会社ラ イブレボリューション
代表取締役 社長 増永 寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president- vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合 わせ magazine@president- vision.com
お問合わせ http://www.live- revolution.co.jp/
information@ml.live- revolution.co.jp
ご意見・ご感想はメルマガを そのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであら かじめご了承ください。

無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003

プレジデントビジョンは自由 にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。
Live Revolution Co., Ltd. 株式会社ライブレボリュー
ション