株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ポイントプログラムブログ読了本起業家物語ご感想バックナンバー広告お問い合わせ
経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2011年9月2日 vol.1100  
Today's President

セーラー万年筆株式会社
代表取締役社長 中島 義雄 氏

成功の反対は、「何もしないこと」

メルマガ登録解除

プレジデントインタビュー

成功の反対は、「何もしないこと」


←前の号へ

【増永】 そもそも主軸となっている商品から離れたモノを作り出すことで、社員さんはどのような反応をされているのでしょうか。

社員の中にはもしかしたら、「文具メーカーであるこの会社がなんでこんなことをやるのか」という意識の人もいるかもしれませんね。だけどこれからはいろいろなチャンスを掴んでいかなければならないし、どんな展開になるかも分かりません。

だからよほど突飛なこととか、はじめから採算が合わないことはやらないとして、挑戦できることにはどんどん挑戦していきたいと思っています。ただ黙って現状維持を続けていても、企業を維持していくのは非常に難しい時代です。特に文具のような、マーケット自体が縮小している中にいるとなると、新しい挑戦を続けなければ次の100年はないと私は確信しています。

今の日本の長寿企業の例を見渡せば一目瞭然ですが、長寿で頑張っている企業は創業以来の柱は大事にしつつ、一方で新しいことにも取り組んでいて、そちらにビジネスの軸をシフトしてきているんですね。

たとえば繊維関連の代表的な企業を見ても分かるとおり、現在でも織物を中心として成長されている企業はありません。化学工業など別の分野や商材に挑戦して、成功したものが次々と新たな柱となり、長寿企業になっているのです。

周りの企業の事例も踏まえ、セーラー万年筆としても次の100年は新しいことに挑戦し、新しい商材を開拓していかなければ生き残れない。非常に強い危機意識を持っているので、これからはダイナミックな挑戦もできる企業にならなければなりませんね。

挑戦したところで、それが成功するとは限りません。だけどいくつかの挑戦から何か1つでも柱となるようなものに成長すれば、また次の展開につながるじゃないですか。

昨年は先ほど申し上げた2つの新たな商材に挑戦しましたが、これらの拡大だけでなく、またさらなる新しい挑戦を続けなければならないですよね。

● これまで、本当にあらゆる方面で成果を出されている中島社長ですが、それらの経験の中でどのようなことを学ばれましたか。

チームプレーが一番大事であるということです。みんなの意識を合わせていく―要するに、ベクトルを合わせて、みんなの力を1つの方向に向ける。こうしたチーム作りが大切ですよね。

そして失敗を恐れない、決してへこたれないということ。この点、私は楽観的な性格かもしれませんが、ある意味楽観的ということも精神力を要するんですよ。諦めずにチャレンジすれば何とかなる―この想いで私はやってきました。いつも、「もう少しどうにかなるのではないか」と考え、チャレンジするのが好きなんですよ。

● そうした経験をもとに、社員の方々に向けて伝えていることなどはございますか。

「成功の反対は何だ」ということです。普通は「失敗」と答えるかもしれませんが、私は違うと思うんです。失敗というのは、その次の挑戦への足がかりになるかもしれません。決して無駄ではないのです。

だから成功の反対は、「何もしないこと」だと伝えています。何もしなければ絶対に成功はありませんから。

常に挑戦をし続けることが、あらゆる困難を乗り切る、基本だと私は思うんですよ。

やはり挑戦とか改善があってはじめて、「伝統」ができるわけです。ある老舗のホテルも「改革の中で伝統を築く」といったことをおっしゃっています。改革を続けないと伝統は生まれない。ということは、常に何かに挑戦し続け、たとえ失敗してもへこたれない。こうした精神を持って取り組むのが私の基本的なスタイルです。

こうした考えに至ったのも、これまでの経験があってこそなわけですが・・・そもそもはやはり「人とのいいご縁」に尽きます。振り返ると、たとえば稲盛さんが京セラに私を引っ張ってくれたのもある勉強会がご縁でしたし、その後の船井電機やセーラー万年筆も、コンサルタントの方とのご縁でした。

人との出会いは、とても大事であると思います。

「偶然」というひとことで片付けてしまうこともできますし、実際に私も最初はそう思っていました。けれど振り返ると人との出会いの積み重ねが人生になっているんですよね。だから出会いを大切にして、そしてそれがいいご縁となるように持っていくことが、次のチャンスにつながっていくのだと私は思います。

そうした意味で、私は人とのお付き合いを大事にしていて、新しい人との出会いにもけっこう積極的なんですよ(笑)。知らない人と出会って、いろいろなお話をします。そしていろいろなことに興味を持つことで、自然と仕事に役立つような情報も入ってくるのです。


【続く:4/5】

←前の号へ
go to TOP
新卒採用情報
採用は新卒のみ。
ライブレボリューションの新卒採用情報はこちら。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
go to TOP
プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長 増永寛之

Facebook:プロフィール
Twitter:masunaga_lr
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president-vision.com/opinion/opinion.php
お問合わせ http://www.live-revolution.co.jp/
https://www.live-revolution.co.jp/inquiry/
03-5418-8571 (プレジデントビジョン担当者宛)

ご意見・ご感想はメルマガをそのまま返信していただいても発行者に届きます。メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2011
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。また、リンクする際のご連絡も必要ありません。


セーラー万年筆株式会社


【事業紹介】

文具事業部
1. 万年筆、ボールペン、水性ボールペン、シャープペンシル、ふでペン、マーキングペン、 インク、修正ペンの製造及び販売

2. コンピュータによる、データー処理、情報提供及び印刷業務

3. 電子文具、デジタル音声ペンどこでもシートアドシートの販売

4. ギフト商品等の販売


ロボット機器事業部
1. 標準機(プラスチック射出成形品用自動取出ロボット)の製造及び販売

2. 特注機(プラスチック射出成形品の二次、三次工程の自動化装置、ストック装置、プラスチック射出成形工場のFA化システム及びCD−R、CD−RW、DVDの一貫製造システム等のオーダーメード装置)の製造及び販売

3. その他(半導体、金属プレス等のハンドリングロボット等)の製造及び販売


特機事業部
1. パチンコ景品払出機、景品業者向け省力化機器の製造及び販売

2. 遊技業向け一般賞品の製造及び販売



【プレジデントプロフィール】

中島 義雄(ナカジマ ヨシオ)

1942年 京城生まれ。
1966年 東京大学法学部卒業。

1966年 大蔵省入省(現 財務省)、主計局総務課長、海部内閣・宮沢内閣の総理大臣秘書官等を歴任。
1993年 大蔵省主計局次長。
1995年 財政金融研究所長を最後に辞任。

1997年 京セラ入社、京セラミタ代表取締役専務、京セラ(天津)商貿有限公司 総経理。

2005年 船井電機 取締役執行役副社長就任。

2009年 当社入社。同年3月常務取締役、10月代表取締役副社長、12月代表取締役社長就任。


 






(株)ライブレボリューション


スマートフォン広告代理店

広告効果測定システムをはじめ、アドネットワーク広告、アフィリエイト広告、リスティング広告等のサービスを提供しています。


アドカウンター

スマートフォンに対応した新しい広告効果測定システム


モバイルマーケティングニュース

モバイルマーケティングに関する専門情報サイト


『宇宙一愛される経営』サイト

ライブレボリューションの経営についてまとめた書籍の紹介サイト


新卒採用情報


会社説明会

大人気の会社説明会

就活セミナー/イベント

2007年度の開講以来、大好評の就活セミナー
プライバシーポリシーサイトマップ利用規約 COPYRIGHT 2011 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.