株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ポイントプログラムブログ読了本起業家物語ご感想バックナンバー広告お問い合わせ
読者数16万人を超える経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2007年05月11日 vol.552  
Today's President

株式会社レストラン・エクスプレス
代表取締役社長 江見 朗 氏

社会インフラを築いていく会社になっていきたい

プロフィールムービー メルマガ登録解除


プレジデントインタビュー

社会インフラを築いていく会社になっていきたい


<<前の号へ

【増永】 そうしましたら、御社の今後のビジョンを教えてください。

社会インフラを築いていく会社になっていきたいということです。 長期的なビジョンとして、日本一あるいは世界でいちばんお役に立てる会社を目指します。

私個人の考えになりますが、たとえば日本一になったらもうそれで十分満足という方もいらっしゃいますよね。 ここまでやる、と決めるのは一つの節目としては必要だと思います。 ただし「もうお金も十分あるので、ここまででいいです」とかそういう意味で満足されてしまうのは、ちょっと変だと思うんです。

限りない成長をするという意味合いで、高い業績を作っていきたいです。 お役に立った結果、自分たちも成長できていればいい、そんな想いもあります。

短中期的なビジョンでいえば、ユニット戦略を練って2,000から2,500店舗のネットワークをつなげられるようなデリバリー展開を目指します。

そして、食を介して築いたネットワークを社会インフラにしていく―そんな観点をもって適応していくことでポテンシャルを最大限にできると思っています。

● 具体的にはどのようなことになるのでしょうか。

たとえば「宅配」にはいろいろなブランドがあります。 そのうちの3事業については、すでに取り組んでいるので、今後も私たちは物流のネットワークを築いていけます。

この物流というのも、郵便とか宅急便といったネットワークと違い、毛細血管のような非常にきめの細かいモノの移動という概念のネットワークになります。

実はこれは理論上、江戸時代までにさかのぼった物流概念とほぼ変わっていません。 集配をしてモノを落としていくというルートです。

しかしそういう概念だけのネットワークではなく、物流・エリアがあって倉庫、お店があったとします。 その間を移動するという概念です。 そういった物流ネットワークというのは、宅急便などでもできないわけです。

食を介してつくっている私たちのネットワークは、いわゆるIT時代の受け皿になるのではないでしょうか。


 
 
President
 

長期的なビジョンとして、日本一あるいは世界でいちばんお役に立てる会社を目指します。



● IT時代の受け皿とはどのようなことなのでしょうか。

IT革命が起こっていることは事実ですが、かといって日常生活で大きく変わったことというのは、一般的にすべての人たちが実感できているのか・・・実はそれほど浸透はしていないのではないでしょうか。

そうした大きな変革を実感として得られないのは、インフラ・・・受け皿が変わっていないことが要因でもあると思います。

結局最後に結実するのはリアルなところです。 証券や金融においては、バーチャルな面でも解決できるかもしれませんが、大半はリアルが伴って物事は動いていきますよね。 やはりモノの移動がポイントになります。 情報の移動スピードに応じたモノの移動が発生して、初めて世の中の仕組みが変わってきます。

おとぎ話的に言えば、IT革命が起きました。 そう世間で騒がれてはいるけれど、村人たちはいまいち分かりませんでした。 そこにレストラン・エクスプレスという会社がさまざまな分野と結びついて目に見える形で村にIT革命を起こしたら・・・村人には「そういうことだったのか」と納得していただける。 そんな会社になりたいです。

IT革命のための機能というのは、昔でいえば何から何まで100万円以上もするような感覚だったのです。 それが時代と共に成長を遂げ、誰でも気軽に取り込めるまでになりました。 でも人間自身が「歩いて動いて」行なうインフラも必要です。

郵便であれば本日送って翌日届く、2Days物流があります。 でも1Dayや3Hours物流といったサービス実施のための、きちんとペイできるようなシステムの実現も可能ではないでしょうか。

これらが実現できたとき、私たちのビジネスとしての付加価値を創出できると思っています。 要は時価総額といった、企業価値がすべてではないと私は思っています。 もちろん、1つの指標としては大切になってくると思いますが。

そうすると食という日々必要となるものを、“デリバリー”という点で差別化しながらネットワークを広げていき、物流と情報、顧客窓口をつなげていきます。 そしていろいろな企業さんとコラボレーションすることで、企業価値を高め社会貢献へとつなげていきたいのです。

ちなみに付加価値でいえば「おじいちゃん、おばあちゃんの肉じゃがからコンビニまで」―とよく例えるのですが、おばあちゃんが肉じゃがを作ったとします。 しかし半分の量が余ってしまいました。 そこから1キロ先に娘が住んでいます。 配達料金800円を出して届けようとしても宅急便を利用するのでは、温かいまますぐに届けることはできません。

一方宅配つまりはデリバリールートでは、30分後に取りに来て、その30分後に目的場所へ運んでくれます。 当然宅急便の800円よりもデリバリー料金が1,600円となり、高くなります。 しかしここに付加価値が発生するんですね。 この場合は、スピードの追求です。

【続く:7/8】


<<前の号へ


go to TOP



サブカテゴリ

レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス /モバイル/ 教育


プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
起業家物語 / 読了本コーナー / トラックバック&感想
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長増永寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president-vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合わせ
お問合わせ http://www.live-revolution.co.jp/


ご意見・ご感想はメルマガをそのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2007
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。 とってもお得なポイントプログラムもご利用いただけます。

サブカテゴリ
レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス / モバイル/ 教育

経営者の掲げる目標が企業の限界になるといっても過言ではありません。 もちろん、規模だけが重要なのではありません。 その事業の意義や企業の存在価値の高さなど、さまざまな視点で目標を立てる必要があると思います。

2006/10/10

当社取締役の金子真歩の書籍が発売されました。 『就活の王道』です!これから就活を始めるという学生のみなさまは是非!


2006/06/12
増永読了本を更新しました。 くわしくはこちら
2006/02/6
プレビの書籍化第二弾『成功の方程式』は発売されました。


2006/02/01
インターネット広告代理店で営業職を募集しています。 くわしくはこちらをご覧ください。

●2007年4月の新卒採用を開始しました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2006/01/12
プレビが書籍化されました。 トラックバックキャンペーン開催中です。


 

株式会社レストラン・エクスプレス


【事業紹介】

宅配寿司「銀のさら」宅配御膳「釜寅」の運営・FC店の加盟募集、指導。

また昨年(2006年)12月より宅配フライドチキン「BBQチキン」をオープン。

その他、リトル・アーティストの制作、販売を行っています。




 




 






 株式会社ライブレボリューション


モバイル広告を中心としたインターネット広告代理店。 メルマガ『プレジデントビジョン』の発行会社。



モバイル広告代理店

モバイル広告仲介のプロフェッショナル企業です。


アドカウンター

新しい広告効果測定システム



プライバシーポリシーサイトマップ 利用規約 COPYRIGHT 2006 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.