株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ポイントプログラムブログ読了本起業家物語ご感想バックナンバー広告お問い合わせ
読者数16万人を超える経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2007年04月20日 vol.546  
Today's President

株式会社レストラン・エクスプレス
代表取締役社長 江見 朗 氏

アメリカで永住権を取得するためには

プロフィールムービー メルマガ登録解除



プレジデントインタビュー

アメリカで永住権を取得するためには


<<前の号へ

【増永】 江見社長がこれまでにどのような人生を歩まれてきたのかを、教えてください。

大阪で生まれたのですが、その後高校を出るまでは岐阜で過ごしていました。 高校卒業後は東京の神田英語学院に進学して、英語を勉強しました。 ところが、この学校は2年制だったにもかかわらず、挫折して1年で辞めてしまいました。

その頃、姉がイギリスに留学をしたんですね。 それを見た私もアメリカへ留学したいと思いました。 姉に相談したところ「自分で働いて稼いだお金で行くなら、いいんじゃないの」と言われました。

特にアメリカで「これがしたい」という想いがあったわけではなかったのですが・・・改めて大学進学を目指す前に―自分のやりたいことを明確にする前に、学部を選択するのはなんだか違和感があったんですよね。

それでも周りの人間は、経済学部に行きたいとかどの学部に進むかを悩んでいました。 でもそれよりも、まずは自分が何をやりたいのか・・・そういったことを明確にするのが大事なんじゃないかなとずっとそうやって思っていたんです。

大学に進むよりもいろいろな意味で自分は何をやりたいのかと悩んだ挙句、英語を話せるようになりたいという結論を出しました。

当時は、日本のトレンドもアメリカのあとを追うような流れがありましたし・・・アメリカでいろいろな文化に触れて、改めて将来について考えてみようと決意したのです。

もちろん渡米費用も、自分で貯めました。

● 何年ほどアメリカに行かれていたのですか。

21歳のときに渡米しましたが、日本に戻ってきたのは30歳の頃です。 永住権の取得さえも済んでいたぐらいです。 しかし一身上の都合で帰国しました。

● 長期間、アメリカで生活をされていたとのことですが、どのような暮らしぶりだったのでしょうか。

お金もそれほど持っていかなかったものですから、とにかく仕事を探さなければなりませんでした。 当然、強制送還になっても困るので合法的に働きたい・・・ではどうすればよいのか調べたところ、お寿司屋さんになると永住権が取れますよという情報を得たのです。

最初は「アメリカにまで来たのに、なんでお寿司屋にならなければならないんだ」という疑問というか抵抗のようなものがありました(笑)。 でもいくらほかの方法を探しても、見つからないんですよ。

当時、私が得た情報では永住権を取得するためにはマツダさんのロータリーエンジンという技術ができるか、衛生士か、お寿司屋さんの選択肢しかありませんでした。 「だったら寿司屋しかない」―このときは嫌々その道を選んだのです。

はじめこそ嫌々でしたが、慣れてくるとだんだんと目覚めてきたというか、仕事が楽しくなってきました。


 
 
President
 

横のつながりを重視していたアメリカで働き慣れていた私にとっては、抵抗もあり厳しい世界でした。



● アメリカに行かれるまでの費用は、どのように稼いだのですか。

ホテルや宅配便など、さまざまな仕事をしました。 なかには1週間ぐらいで、半べそをかいて辞めてしまった仕事もありますよ(笑)。 もうやったことのない仕事はないであろうというぐらいに数多くの仕事をして、300万円ほど貯めました。

当時は働きながらも、自分の人生がアメリカに行ってからスタートするんだ、という具合に心ここにあらずな気持ちで働いていました。 だから、仕事をしていて楽しい、そう思うことがなかったんですよ。

しかしアメリカでお客さまとコミュニケーションをとりながらお寿司を握っていると、仕事が楽しいと初めて思えるようになりました。 このときの感情は、自分のなかでも未だに記憶に残っています。 時間を忘れるぐらいに、1日があっという間に過ぎていました。 だから、家と職場の境界線もあったようでなかったようなものです。

その後予定通りに永住権を取得、さらには仕事の楽しさも得ることができました。 アメリカではいろいろとそういう貴重な経験を重ねることができました。

そして多くのことを教えられ、30歳のときに日本へ戻ってきたのです。

● 帰国後は、どのようなことをされていたのですか。

30歳を超えていたので、友人は大学に進学して企業に就職していました。 お給料も良くて、家族もいる。 私はもちろん働いてもいないし、自分の家庭もまだもっていなかった・・・どこに行っても浮いていましたね(笑)。 かといって、今から社会人としてスタートしても、周りと比べてかなり大きな後れをとっているから挽回するのは難しい。

結局、しばらくの間はなかなか動かず実家でゴロゴロしていたんです。 そんな私を見るに見かねた母から「あんた、いつまでゴロゴロしてるの、いい加減に働きなさい」と言われてしまいました。 しかも母が、町内の調理師紹介所のようなところに私を売り込んだんですよ。 「うちの息子が寿司屋をやっていたから、ぜひ使ってください」って(笑)。

言われていることももっともなことだったので、ようやく日本で仕事をすることになりました。

● アメリカのお寿司屋で働いた経験は、日本で発揮できましたか。

これがまったく違う世界だったんですよ。 日本の職人さんの板場は、アメリカとは正反対。 たとえばアメリカは割とフランクな人間関係だったのが、日本はきっちり縦社会。 横のつながりを重視していたアメリカで働き慣れていた私にとっては、抵抗もあり厳しい世界でした。

なかなかその環境が私の肌には合わず、このまま続けていくのは自分にとってどうなのか、と疑問がありました。 それにアメリカへ行っていたことで、浦島太郎のような・・・周りよりかなりの後れが感じられ、多少の焦りもあったんですよ。 経済的なレベルも上げなくてはならないですしね。

ならば自分でビジネスを展開していくのも、一つの方法だと思ったのです。 そして思いついたのがサンドウィッチショップ。 地元の岐阜でスタートしました。

● なぜそこでサンドウィッチショップを思いついたのでしょうか。

アメリカにいた頃、私自身がサンドウィッチショップをよく利用していたんです。 だから私にとっては、生活の一部になっていたんですね。 しかし日本に帰ってきてみると、ハンバーガーといったファストフードはたくさんあるけれど、サンドウィッチは今ほどあまり目立っていませんでした。

日本に帰国後、野菜の具材を選べたりできるサンドウィッチショップを思い出すと、それがだんだん新鮮に感じられたのです。

既存のサンドウィッチショップに行ってみると、店舗の数が書いてあったりするんですよね。 それを見ていると、毎回見るたびに店舗数が増えているんです。 一体なにが起こっているのか・・・当時は本当に不思議に感じました。

今思えば、これがフランチャイズシステムの凄さなのですね。

● なぜお寿司を選ばれなかったのでしょうか。

お寿司屋はすでにたくさんあったんですよ。 人がやっていることよりも、まだ誰もやっていないことのほうが社会的にもお役に立てるかなと思ったんです。

当時SUBWAYさんが日本に上陸するのと時期を同じくして、私がサンドウィッチショップをスタートしました。 偶然にも、日本サブウェイさんの社長であった藤居譲太郎さんが私のやっていることを知り、わざわざ岐阜まで見にいらっしゃったこともありました。

そのときにはお互いに情報共有をさせていただいたり、貴重な経験もしたのです。

【続く:1/8】


<<前の号へ


go to TOP



サブカテゴリ

レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス /モバイル/ 教育


プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
起業家物語 / 読了本コーナー / トラックバック&感想
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長増永寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president-vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合わせ
お問合わせ http://www.live-revolution.co.jp/


ご意見・ご感想はメルマガをそのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2007
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。 とってもお得なポイントプログラムもご利用いただけます。

サブカテゴリ
レンタルオフィス / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス / モバイル/ 教育

株式会社レストラン・エクスプレス(REX)の江見社長にインタヴューしてまいりました。 実はREXさんはライブレボリューションと同じオフィスでお隣様です(笑)。 素敵な近所づきあいが出来ているのは江見社長のおかげです。 日本が誇るお寿司の文化を更に広めていただきたいです。 出前のほういつもありがたく使わせていただいております。

2006/10/10

当社取締役の金子真歩の書籍が発売されました。 『就活の王道』です!これから就活を始めるという学生のみなさまは是非!


2006/06/12
増永読了本を更新しました。 くわしくはこちら
2006/02/6
プレビの書籍化第二弾『成功の方程式』は発売されました。


2006/02/01
インターネット広告代理店で営業職を募集しています。 くわしくはこちらをご覧ください。

●2007年4月の新卒採用を開始しました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2006/01/12
プレビが書籍化されました。 トラックバックキャンペーン開催中です。


 

株式会社レストラン・エクスプレス


【事業紹介】

宅配寿司「銀のさら」宅配御膳「釜寅」の運営・FC店の加盟募集、指導。

また昨年(2006年)12月より宅配フライドチキン「BBQチキン」をオープン。

その他、リトル・アーティストの制作、販売を行っています。




 




 






 株式会社ライブレボリューション


モバイル広告を中心としたインターネット広告代理店。 メルマガ『プレジデントビジョン』の発行会社。



モバイル広告代理店

モバイル広告仲介のプロフェッショナル企業です。


アドカウンター

新しい広告効果測定システム



プライバシーポリシーサイトマップ 利用規約 COPYRIGHT 2006 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.