株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ポイントプログラムブログ読了本起業家物語ご感想バックナンバー広告お問い合わせ
読者数13万人を超える経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2006年06月02日 vol.422  
Today's President

グッドウィル・グループ株式会社
代表取締役会長兼CEO 折口 雅博 氏

センターピン―本質を突かなければ成功は望めない

プロフィールムービー メルマガ登録解除



プレジデントインタビュー

センターピン―本質を突かなければ成功は望めない


<<前の号へ

【増永】 他社と比べて御社の圧倒的な強みは、どのような点なのか教えてください。

私たちの圧倒的な強みというのは、まず「ブランド力」です。 人材派遣事業で言えば、「モバイト・ドット・コム」。 これがやはりポータルサイトではNO.1ですね。 おそらく今の若い方々には、かなり認知されていると思います。 おかげさまで登録スタッフ数も、現在約220万人となっています。

また介護・医療サービスを提供しているコムスンはCMなどを活用し「ハローコムスン」というフレーズでブランディングしてきました。 こうしたブランディングというのも、大切ですよね。

あとはネットワーク力にも注力しています。 グッドウィルもコムスンも、両方とも現在1,000箇所以上の拠点があるんです。 その結果なにができるかというと、きめ細かい顧客サービス。

採用拠点として考えても、かなりのメリットがあります。 できる限り働く場所が身近にあるほうがスタッフも助かりますよね。 特にグッドウィルの場合、自分自身で拠点に給与をとりに行くことになっています。 そうなると、拠点が近いほうがより通いやすいわけです。

さらに登録スタッフ数と拠点数が多ければ多いほど、顧客が欲しいと思う人材をぴったりマッチングさせて派遣できる確率が高まるじゃないですか。 規模が大きいほうがマッチング精度は上がるので、どんどん業界的にも強くなる。 これが他社とのエントランスバリアになるんですよ。 当然、マッチングに関しては最新のコンピュータ技術で行なっています。

コムスンに関しても身近にあるほうが地域に密着して人が働けるので、みんな安心してそこで働くことができます。 そういうメリットがあるのです。

● コムスンの事業はどのように展開されているのか、もう少し教えてください。

病院や地方自治体、老人会、地域コミュニティ、社会福祉協議会などの地域に密着して、さまざまなところと連携をとらせていただいています。 そしてそのなかで顧客を紹介していただいているのです。

地域に密着してコミュニティを作らない限りは、顧客は増えないんですよ。 だからまず最初の5年間で一気に取り組みました。 しかもコムスンというブランドをしっかりと築いていったので、その結果採用活動も非常にうまくいきました。 ですから日本全国の会社のなかでも採用人数の多さでは2位となっています。

● はじめの5年間で徹底した結果ですね。

そうですね、それがあったからこそ毎年1,000人以上を採用できているのです。

介護分野は特に人材不足なのですが、たくさんの人数を採用できているため、適材適所に配置することができます。

また新卒採用でのメリットは、夢や理念の共有をしやすいということ。 育成には非常にお金がかかりますが将来、会社の幹となる人としての活躍が期待できますよね。

創業の頃から注力してきたブランディングが、今こうしてリクルーティングの強みを生み出しているわけです。


 
 
President
 

現在行なっているサービスをさらにプラスの循環にもっていくことがとても大事なんですね。



● 先ほどネットワークの話が出ましたが、規模のメリットを生み出すためには、取っかかりとしてネットワークを作り出すことが先決になるわけですね。

そうです。 これを作ってしまうと、既存の在宅サービスのネットワークから利用者を獲得できるので、施設介護サービスも展開しやすいのです。 だから他社さんがゼロから施設を作るのに比べて、私どもの場合ではすぐに満員となります。

現在、在宅でケアを受けられている方がこれから新しい施設に入居するとなると、なかなか入りにくいじゃないですか。 しかし見知っている私どものサービスに施設介護がプラスされれば、それほど不安なく入居できますよね。 これも事実上エントランスバリアとなり、他社との競争力になっています。

つまりは、現在行なっているサービスをさらにプラスの循環にもっていくことがとても大事なんですね。 「ブランディング」「ネットワーク」「規模のメリット」―これらをスピード感もって作り出すのです。

● それでは折口会長がビジネスを進められる際に、必ず意識されていることというのはございますか。

創業の頃から言っていますが、“センターピン”を意識しています。 大学生の頃から意識していたので、いつしか自分のなかでは当たり前のこととなっています。

これはビジネスをボーリングにたとえて言っているのですが、ストライクを取るためにはセンターピンを狙わなければなりませんよね。 ビジネスにおいても同じなんです。 センターピン―本質を突かなければ成功は望めません。

ですから、現在の事業に関わらずこれまで携わってきたすべてのビジネスに対して、常にセンターピンを意識しています。

● ありがとうございます。 では、先ほど登録スタッフと顧客のマッチングは最新のコンピュータ技術で行なっているというお話がでましたが、御社ではシステムに関してはどのように取り組まれているのでしょうか。

大きく言えば、戦略的ITとして進めています。 ITには2種類あるんですよ。 ひとつはITそのものをビジネスにすること。 たとえばソフトバンクさんや楽天さん、USENさんとかね。 もうひとつは人材業・医療介護などの分野で、ITを経営の戦略的道具として利用する。 もしくは効率化して使用していく。 このように2種類に分けられると思うんです。

どちらかというと、私たちは後者なんです。 自分たちのビジネスが、ITによってものすごく戦略的に強くなれるわけです。 おそらくITを本業としている会社以外の業種には、すべてこの考え方は通用すると思います。

余談ですが、個人的にはあまり付加価値の低いことはやらない主義なんです。 たとえばEメール。 「一日に何百通もメールを打っています」と言っているIT経営者が多く見受けられます。 こうした台詞を聞くと、なぜそんな無駄なことをしているのかと不思議に思います。 自分宛の電話は秘書が取り次ぐのに、なんでメールは自分で打つのか・・・。 私は必要なところ以外、自分では打ちません。 打てる人が打てばいいという考えです。 メールを打つ時間さえ、無駄だと思っています。 だからメールをたくさん打ったほうがITっぽいなとか、格好良さそうだなとか、そういうことではなくて本当に有効に時間を使っているか、ということです。 経営者は、いちばん時給が高い人ですからね。 時給の高い人が、時給に見合う仕事をやっているか・・・常にこう考えて仕事をすることも重要です。

【続く:2/5】

<<前の号へ



go to TOP




サブカテゴリ

オフィス用品 / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス /モバイル/ 教育


プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
起業家物語 / 読了本コーナー / トラックバック&感想
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長増永寛之
登録・解除 http://www.president-vision.com/
ご意見・ご感想 http://www.president-vision.com/opinion/opinion.php
広告のお問い合わせ
お問合わせ http://www.live-revolution.co.jp/


ご意見・ご感想はメルマガをそのまま返信していただいても発行者に届きます。 メルマガ本文中やサイトで掲載させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2006
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。 サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。 また、リンクする際のご連絡も必要ありません。 とってもお得なポイントプログラムもご利用いただけます。

サブカテゴリ
オフィス用品 / オフィス機器 / オフィス仲介 / 人材 / スキルアップ / ビジネスセミナー / ビジネス情報 / メールマガジン / VC / 投資 / 起業支援 / 保険 / Webサービス / モバイル/ 教育

折口会長の著書は何冊も眼を通させていただいておりますが「センターピン」のお話は凄く印象に残っています。

本質を捉えなければ成功しないという当たり前のことをこれほどわかりやすく表した言葉はないといった感じがします。

あと、私も一時期は一日何百通というメールに目を通していましたが、そのようなことは最近なくなりました。 立場や環境が変わってくると確かに目を通すメールの数は減ってくるのかもしれません。

2006/02/6
プレビの書籍化第二弾『成功の方程式』は発売されました。


2006/02/01
インターネット広告代理店で営業職を募集しています。 くわしくはこちらをご覧ください。

●2007年4月の新卒採用を開始しました。 詳しくはこちらをご覧ください。
2006/01/12
プレビが書籍化されました。 トラックバックキャンペーン開催中です。


 

グッドウィル・グループ株式会社

【事業紹介】


純粋持株会社
グッドウィル・グループ(株)

人材ビジネス
(株)グッドウィル
人材派遣・請負

(株)グッドウィル・エンジニアリング
技術者特定派遣

(株)グッドウィル・キャリア
人材紹介

(株)グッドウィル・フォーサイト
カウンセリング・EAP

ヒュー・マネジメント・ジャパン(株)
再就職支援・シニア派遣

(株)警備・施工マネジメント
施工アウトソーシング

(株)ソア
イベント・SP企画・販売支援アウトソーシング

健康ビジネス
(株)コムスン
総合介護サービス

(株)コティ
保育サービス

アドホック(株)
ペットケアサービス

(株)マッサージ師事務代行センター
訪問療養マッサージサービス

(株)バーリントンハウス
ケア付レジデンス

感動サービス
(株)フードスコープ
フード&レストランサービス

【著書紹介】

「『プロ経営者』の条件」
(徳間書店)


 


 




 






 株式会社ライブレボリューション


モバイル広告を中心としたインターネット広告代理店。 メルマガ『プレジデントビジョン』の発行会社。


人材募集

業務拡大中につき、人材を募集中。

●営業担当(20名ほど採用したい)
●営業事務
●経理担当(株式公開準備にともない急募)
●技術担当 (オープンソースの分野に興味のあるSEおよびPG募集)

詳しくはこちら

アドカウンター

新しい広告効果測定システム



モバイルメディアシート

当社モバイル広告代理店部門で取り扱っているメディアの一覧です。 お問い合わせは03-5776-7560「メディアマーケティングチーム」まで

 
 ⇒PDF 88KB 2006年05月版

プライバシーポリシーサイトマップ 利用規約 COPYRIGHT 2006 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.