株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ブログバックナンバーspace
経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2013年2月22日 vol.1192  
Today's President

株式会社エポック・ジャパン
代表取締役 盡 信光 氏

「想い」の強さに勝るものはなかった

メルマガ登録解除
プレジデントインタビュー

「想い」の強さに勝るものはなかった


←前の号へ

【増永】 御社の成長につながる部分を教えてください。

葬儀についての考え方を転換したことが大きかったと思います。私自身、それまで葬儀というものを経験したことがなかったものですから・・・このビジネスにおいては、世の中の人口が今後どうなっていくかというトレンドを見ることも大切だと思います。

しかし私は、「人の感情」の部分に焦点をあてていったのです。「こういう商品であれば、きっとお客さまも納得する、自分だったらこんな葬儀をあげたいと思う」という、ビジネスにおいては当たり前である、お客さまの気持ちになって考えていくことを改めてベースにしていきました。

従来この業界では、お客さまには選択肢がなかったのです。つまり、葬儀社としては安い商品を売りたくない。家族に焦点をあてることも考えない。商品を分かりやすくすると内容が透明化され、簡単には単価を上げられないのでそれもしたくない。

さらに言えば、1日1組と限定にしてしまったら、2件目の問い合わせがあったときはその方からご依頼いただけなくなる事にもつながるので、そうした商品構成にもしたくなかった。どれも葬儀社側の一方的な思惑の上で成立していたのです。

本来は、お客さまにとってはこんな商品があったほうがいい―と葬儀社は分かってはいたけれど、自分たちの利益には結びつかないので誰もやりたがらなかったわけです。

そういう業界でしたので、私たちが注力しているようなお客さま視点に立って商品を構成する、お客さまの気持ちに焦点をあてること自体が、非常に珍しくもあり革新的でもあったと思います。この発想の転換が、今の時代にうまくはまっていったように感じますね。

もちろん、データを収集しそれに基づいたマーケティングも積み重ねていきました。そして同時に、地域を越えた展開を視野に入れていったのです。全国区に展開したいという思いがあったので、それを実現するためにはどんなマネジメント、マーケティングが必要なのか、いろいろと検証を繰り返していきました。

こうしてあらゆることをやってきたわけですが・・・結局のところ、会社をどうしていきたいかという「想い」の強さに勝るものはなかったかもしれません。そもそもトップが想いや理念を打ち出していかないと、社員はついてこないだろうし。そうした点で、徐々に私の想いや理念に共感してくれる社員が増えてきたことが、成長につながっていったのかもしれませんね。

● 現在、フランチャイズ加盟店は何社ほどになるのですか。

16社です。現在は、加盟店を増やすことは積極的に進めておらず、直営店を増やすことに注力して、収益の柱を作っています。

そして全国で「ファミーユ」のご葬儀を執り行っていただける協力店が約170箇所あります。

● これまでの経験を経て、経営者として学んだことをぜひ教えてください。

前職の金融機関では、目に見える商品が無くても、取引額の大きさによって、手数料や利益を積み上げることが可能でした。

それに対し、葬祭業界でのビジネスというのは、あくまで葬儀という商品ありきなので、製造業のように一つひとつの葬儀というサービスを提供し、お客さまに満足いただいたことに対する対価を積み上げていくことが重要なのだと、最近特に強く感じます。

一時期は、この業界の特徴を無視して、他のベンチャー企業の社長に競うように、一気に売上を積み上げていくことが経営者には必要なスキルであると思っていました。けれど実際に経営を進めてみると、一つひとつのサービスを大切にし、その対価を積み上げていくことがふさわしいビジネスモデルであることを痛感したんです。この業界でのウルトラCは、難しいですよ(笑)。

しかし私はこの業界で人に価値を与える―ということを選択しました。そして価値を与えるためには人も品質も育てていかなければなりません。

理想だけではやっていけませんから、地に足をつけた成長を遂げる必要があります。そこから、社員の成長や品質の向上、そして会社の拡大など、あらゆる面においてバランスがとれてくるのではないでしょうか。今は、そのように感じています。

経営者としては、やはり焦ってくると「もっとアクセルを踏まなきゃ、急成長が必要だ」なんて思いがちですよね。それができるビジネスも当然ありますが、この業界、ひいては私自身はそういう成長の仕方は目指すところではないと思っています。確実に積み上げていくことの必要性を意識しながら、経営をしているのです。

【続く:4/5】


←前の号へ
go to TOP
新卒採用情報
採用は新卒のみ。
ライブレボリューションの新卒採用情報はこちら。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
go to TOP
プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長 増永寛之

Facebook:プロフィール
Twitter:masunaga_lr
登録・解除 http://www.president-vision.com/
お問合わせ お問い合わせページ:
https://www.live-revolution.co.jp/inquiry/
03-5418-8571 (プレジデントビジョン担当者宛)

配信元のメールアドレスは送信専用であり、ご連絡をいただいても当社で確認および対応できませんので、ご了承ください。お問い合わせは、上記のURL(お問い合わせページ)よりお願いいたします。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2013
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。また、リンクする際のご連絡も必要ありません。


株式会社エポック・ジャパン


【事業内容】

当社は、2010年に創業10周年を迎え、次のステージへ向かう飛躍の時期を迎えております。

創業以来、 旧態依然とした葬祭業の考え方ではなく、 生活者の立場から必要とされる葬儀サービスを考え抜き、「家族葬のファミーユ」を提供してまいりました。

すなわち、「家族の意向を汲んだ、家族のための葬儀」によって、これまでにない葬儀の価値観を、 「家族葬」という形でお客様にお届けしてきたのです。

昨今、少子高齢化の進行から葬儀に関する情報量が増え、さらに「家族葬」を執り行う葬儀社も増えてまいりました。

しかしながら一方で、低価格で合理化・簡素化された葬儀を「家族葬」と称し、大切な人とのお別れの時間を軽視した風潮も見られるようになってきております。

そこで当社は、一歩踏み込んで「家族を大切にするお手伝い」という観点で、幅広くサービスを提供していきたいと考えております。

葬祭業の枠組みに捉われず、お客様が直面する現実や、心配事・お困り事などを一緒に考えながら解決をしていく、そのようなサービスの提供です。



家族葬のファミーユ



【プレジデントプロフィール】

盡信光(たかみ のぶみつ)

1967年 宮崎県生まれ
1991年 上智大学経済学部卒業
1991年 チェースマンハッタン信託銀行旧ケミカル信託銀行入行
1998年 メリーランド州立大学経営学修士(MBA取得)
2000年 株式会社エポック・ジャパン代表取締役就任



 






(株)ライブレボリューション


スマートフォン広告代理店

広告効果測定システムをはじめ、アドネットワーク広告、アフィリエイト広告、リスティング広告等のサービスを提供しています。


アドカウンター

スマートフォンに対応した新しい広告効果測定システム


モバイルマーケティングニュース

モバイルマーケティングに関する専門情報サイト


新卒採用情報


会社説明会

大人気の会社説明会

就活セミナー/イベント

2007年度の開講以来、大好評の就活セミナー
プライバシーポリシーサイトマップ利用規約個人情報の取扱いについて
COPYRIGHT 2013 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.