株式会社ライブレボリューション
HOME
HOME
PRESIDENT VISION
無料メルマガ登録ブログバックナンバーspace
経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」
President Photo
2013年2月15日 vol.1191  
Today's President

株式会社エポック・ジャパン
代表取締役 盡 信光 氏

親子一緒に経営をしていくことは非常に大変なこと

メルマガ登録解除
プレジデントインタビュー

親子一緒に経営をしていくことは非常に大変なこと


←前の号へ

【増永】 帰国後、実家に戻られてまずは稼業のほうを手伝われていますが、経営者であるお父様と意見の衝突などはあったのでしょうか。

そうですね、やはり売上げが落ちている状況下で、親子一緒に経営をしていくことは非常に大変なことでした。

● 具体的にどのような苦労があったのか、ぜひ教えてください。

それは2つありました。1つは、地域の中でのビジネスのあり方についての意見の相違です。私が新しく取り入れたビジネスモデルは、従来のものとは違い、地域に密着した取引先などに固執しない方法だったのです。

売上げが落ちている中で、新しいことをやろうとする息子・・・しかも今まで遊びほうけてきた息子がいきなり参加して、これまで築き上げてきたあらゆるものを変えようとするのを受け入れるのは、なかなか厳しい部分があったと思います。

それに父親は葬祭業35年のいわばプロです。一方の私は、経験ゼロ。売上げがこのまま落ち続けるのか、それとも食い止めて上昇させることができるか。そういうきわどい状況の中で、私自身の存在を会社がどこまで受け入れてくれるのか、メリットを生み出せるのか―経営者としても、おそらく非常に難しい判断を求められていたんですね。

留学時の学びのおかげで、「このままいくと会社は近い将来こうなる」というのが、簡単にシミュレーションできるようになっていました。しかし当時の父親は、このままいけばどんなことが起こりえるかという判断、感覚値が私とは逆をいっていて・・・私の感じる危機感とは大きな差がありました。

現状を鑑みてその先をシミュレーションしたとき、かつて経験したことのないようなことが起きる―私はそう確信していたので、どんなことがあっても、引かずに父親に意見を通さなければならない。そう覚悟していました。

だから一日中、父親を追いかけ回していましたよ(笑)。そのうちに、「家に来るな」と言われるまでになり、目さえ合わせてもらえなくなりました。それでも会社を守るためには、やり抜かなければなりません。じゃあ、どうすればいいのか・・・考えた結果、2つだけ方法があったのです。

まず、「銀行が言っている」と私ではなく外からの意見として聞いてもらうこと。そして孫を連れて何となく気まずい雰囲気の中、ごまかしながら話を聞いてもらうこと。この2つです(笑)。

実は、私が実家に戻ってから7年後に父親は他界しましたが、意見の対立が生じてからはお互いに目を見てきちんと話をしたのは、2,3回くらいだったと思います。笑うこともなくなり、今思えば寂しさもあり、本当に大変な時期でしたね。

● その間、売上げは落ち続けたのですか。

父親の会社は、3,4年は上昇しませんでしたね。ただし、エポック・ジャパンにおいては、最初の1年はうまくいきませんでしたが、途中からビジネスモデルを転向したことで軌道に乗り始めました。

父親の会社にあったなけなしの資金を使わせてもらい、現在も当社の主力商品である「ファミーユ」のホール展開―つまり、独自の葬儀場を構えるために設備投資したのです。フランチャイズにしながら徐々に展開していき、3,4年をかけてどうにかこれまでのマイナス分をカバーできるぐらいにまで前進しました。

それからは、このモデルをエポック・ジャパンとして他社に販売していき、株式公開を目指している時期があったので、そのタイミングで父親の会社を吸収合併したのです。それが7年前のことになります。

● 新しいモデルケースができたのは、ある意味お父様のおかげでもあるのですね。

そうなのです。実際、父親としては、同じ土俵で自分たちのやり方を全否定するようなビジネスモデルを展開されていくわけですから、相当嫌だったとは思います。だけど最終的には、設備投資のために資金を出してくれたし、そのまま好きにやらせてくれた。これは本当にありがたかったです。今なら素直に感謝を伝えられます。

ただ、父親が生きている間にはお互いの確執を埋められず、感謝の気持ちを伝えることはできませんでした。

【続く:3/5】


←前の号へ
go to TOP
新卒採用情報
採用は新卒のみ。
ライブレボリューションの新卒採用情報はこちら。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
go to TOP
プレジデントブログ
プレビでは触れない発行者の日々の思いや出来事を語るブログ。
よりプレビを身近に感じたい方へ。
発行者が語るブログ プレジデントブログ
go to TOP
発行者 株式会社ライブレボリューション
代表取締役社長 増永寛之

Facebook:プロフィール
Twitter:masunaga_lr
登録・解除 http://www.president-vision.com/
お問合わせ お問い合わせページ:
https://www.live-revolution.co.jp/inquiry/
03-5418-8571 (プレジデントビジョン担当者宛)

配信元のメールアドレスは送信専用であり、ご連絡をいただいても当社で確認および対応できませんので、ご了承ください。お問い合わせは、上記のURL(お問い合わせページ)よりお願いいたします。
無断転載を禁じます。
Live Revolution Co.,Ltd. Copyright 2003-2013
プレジデントビジョンは自由にリンクしていただけます。サイト内のどのページを直接リンクしてもかまいません。また、リンクする際のご連絡も必要ありません。


株式会社エポック・ジャパン


【事業内容】

当社は、2010年に創業10周年を迎え、次のステージへ向かう飛躍の時期を迎えております。

創業以来、 旧態依然とした葬祭業の考え方ではなく、 生活者の立場から必要とされる葬儀サービスを考え抜き、「家族葬のファミーユ」を提供してまいりました。

すなわち、「家族の意向を汲んだ、家族のための葬儀」によって、これまでにない葬儀の価値観を、 「家族葬」という形でお客様にお届けしてきたのです。

昨今、少子高齢化の進行から葬儀に関する情報量が増え、さらに「家族葬」を執り行う葬儀社も増えてまいりました。

しかしながら一方で、低価格で合理化・簡素化された葬儀を「家族葬」と称し、大切な人とのお別れの時間を軽視した風潮も見られるようになってきております。

そこで当社は、一歩踏み込んで「家族を大切にするお手伝い」という観点で、幅広くサービスを提供していきたいと考えております。

葬祭業の枠組みに捉われず、お客様が直面する現実や、心配事・お困り事などを一緒に考えながら解決をしていく、そのようなサービスの提供です。



家族葬のファミーユ



【プレジデントプロフィール】

盡信光(たかみ のぶみつ)

1967年 宮崎県生まれ
1991年 上智大学経済学部卒業
1991年 チェースマンハッタン信託銀行旧ケミカル信託銀行入行
1998年 メリーランド州立大学経営学修士(MBA取得)
2000年 株式会社エポック・ジャパン代表取締役就任



 






(株)ライブレボリューション


スマートフォン広告代理店

広告効果測定システムをはじめ、アドネットワーク広告、アフィリエイト広告、リスティング広告等のサービスを提供しています。


アドカウンター

スマートフォンに対応した新しい広告効果測定システム


モバイルマーケティングニュース

モバイルマーケティングに関する専門情報サイト


新卒採用情報


会社説明会

大人気の会社説明会

就活セミナー/イベント

2007年度の開講以来、大好評の就活セミナー
プライバシーポリシーサイトマップ利用規約個人情報の取扱いについて
COPYRIGHT 2013 (C) LIVE REVOLUTION CO., LTD. ALL RIGHTS RISERVED.